2016年11月29日火曜日

メキシコシティでアメリカビザ(America visa)を取得する方法



大半の日本人旅行者には必要ないと思いますが、西回りで世界一周をしている旅人や特定の国を旅行してしまった人に問題となっているのが、"アメリカVISA"の問題。

日本はアメリカ入国の際ビザ免除プログラムの加盟国(VWP)です。

ビザを免除される代わりに(ESTA)と呼ばれるものをオンラインで申請し、14ドル支払いさえすれば簡単にアメリカに入国することができます。(3ヶ月以内の滞在に限る)

しかし最近、テロ防止法案により2011年3月以降に"イラン・シリア・イラク・スーダン"に渡航歴がある人はESTAでは入国できず、Non-immigrant Visas(B-2VISA)が必要となってしまった。


※2016年3月1日より"リビア・ソマリア・イエメン"も対象になったそうです。


これにより、2015年以降に西回りで旅をしている人で、アメリカに簡単に入国できなくなってしまった人が多いのではないだろうか?

僕たちも西回りで旅をスタートし、イランへ行ってしまった為、ESTAでの入国ができなくなってしまいました。

さらにこの問題の厄介なことは、アメリカ国内を旅行する気がない『トランジット』目的で空港に立ち寄るだけでも、アメリカの場合、一旦入国しなければならないのでVISAが必要となってしまうことです。

『トランジットだけならよくない?』って思い、とりあえず航空券を取ってしまったので行った人もいるみたいですが、別室に連れて行かれ何時間も尋問された後に、結局入国拒否を食らった人もいるみたいです。

僕はハワイに親戚が住んでいるので、アメリカに入国できないことは大問題!

今回の旅でも最後にハワイによって、旅の汚れを落としてから日本に帰国する予定だったので、どこかでアメリカビザを入手する必要がありました。

そして、イランへ行った後は『どこかでアメリカVISA取らないとな〜』と思っていたけど、結局後回しにしてたら、アメリカ大陸に入ってしまいました。

もうメキシコで申請しないと先がない

そんなこんなで、メキシコでアメリカVISAの申請することにしました。

これがまたクッソ大変でした。




2016年9月16日金曜日

心奪われる美しい街リガと心震える嬉しい出会い!

day.183~184  2016.7/18~19 Latvia/Riga

リトアニアを離れ、次に到着したのはラトビアの首都"リガ=Riga"

ラトビアはバルト三国の真ん中に位置する国で、『バルト海の真珠』と讃えられる美しい港町と呼ばれているそうです。

確かクロアチアのドブロブニクでも『アドリア海の真珠』って言われてたっけな…

欧米人は美しい表現をするときに、宝石とか真珠とかって付けたがる傾向にあるみたいです。

まぁ事前情報で期待しすぎても実際に行くとガッカリする場合もあるので、過度にハードルを上げていくのも禁物です。

では、そんな『バルト海の真珠』と呼ばれている街並みを写真でお楽しみください。



2016年9月14日水曜日

いきなり現れる大量の十字架!リトアニアにある十字架の丘へ

ブログ時間が空きすぎると書く意欲がなくなってきますね…

旅の最初はあれだけ毎日のように書いてたのが、今では信じられません。

旅が長くなると、多少の出来事では感動しなくなるし、見るものも刺激的じゃなくなってくるからなかなか新しい発見が少なくなってきてしまう。

長期の旅を経験して経験したことは、旅は3ヶ月くらいが丁度良いということですかね。

とりあえず、今書く意欲が少しばかり湧いてきてるのでかなり前の記憶を遡って書きたいと思います。

day.183~184  2016.7/17~18 Lithuania/Šiauliai

リトアニアの首都ビリュニスを出発し、バスで北へと北上していきます。


次の目的地はリトアニアの北部の町"シャウレイ=Šiauliai"

シャウレイを訪れる旅人のほとんどは、十字架を見に行くのが目的です。


もちろん僕たちがシャウレイに来た理由も十字架を見るため。

シャウレイの中心からさらに北へ12キロ、ローカルバスで30分ほど。

あたりは何もない農村風景が広がっていきます。


十字架のある丘へ道は、バス停の近くの二本の十字架が目印。