2015年9月20日日曜日

秋刀魚の美味しい季節 part2

前回秋刀魚を買った時は、焼き秋刀魚にして家が大変なことになりました。

その時の記事はこちら→秋刀魚の美味しい季節



今日もスーパーへ行ったら新鮮な秋刀魚が売っていたので、危険を覚悟で3本も買ってしまいました。
今回は『生食可』と表記されていたこともあり、焼き秋刀魚ではなく、刺身で食べることにしました。

が、ここで新たな問題が発生。

僕も妻も魚なんて今まで捌いたことないのです。
都会育ち平成生まれの僕たちは刺身は『刺身』で売っているのが当たり前です。

魚をいじるのなんて小学校の理科の解剖以来です。

そこでYouTubeで秋刀魚の捌き方の動画を見ながら捌くことにしました。


この動画を参考に捌いていきました。


ちなみに僕は手先が器用なのと、料理の才能が人一番高いのですぐにマスターできました。


それではご覧ください秋刀魚の捌き方です。


1・まずは頭を取ります


2・お尻の部分から切り目を入れて内臓を取り出します。


3・綺麗に血を洗い流したら背中の部分からも切り目を入れて3枚におろします。


4・中骨をピンセットでとり、背骨を切り離します。


5・皮を剥いで、刺身サイズに切っていきます。集中していたのでここからは画像はありません。




そして…





なんということでしょう!


こんなに美味しい秋刀魚の刺身が出来上がりました。



自分の才能怖いわぁ〜僕海外で寿司職人になります。
秋刀魚2本目で、完全に捌き方マスターしましたからね。


これなら家が煙で大惨事になることはないので、安心して秋刀魚が食べられます。

しかし秋刀魚3本捌くのに1時間はかかってしまうので、時間がある時にしかできないのがデメリットですね。
あと、新鮮な秋刀魚が手に入らないといけないので季節限定です。


めっちゃ旨かったのでオススメですよ!

ただ秋刀魚捌くのには、凡人ですと3年はかかると思います。
すぐにマスターするには僕並みの才能が求められますね。


現在弟子募集中です。


応募資格は

・根性や根気がある人
・秋刀魚がすきな人
・サカナクションがすきな人


ただ僕の修行は『ガチンコファイトクラブ』並みに厳しいので覚悟が必要です。


ちなみに僕サカナクションは聴きません。


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿