2015年11月2日月曜日

『人生』も『カヌーで川下り』も流れに逆らわないことが大切です。




昨日は茨城県の那珂川でカヌーとカヤックで川下りをしてきました。

従兄弟の父がカヌーを2艇、カヤックを1艇、持っているので連れて行ってもらいました。

今の時期那珂川では、タイミングが良ければ北上してきた鮭が見れるそうなので、ワクワクしながら向かいました。

ちなみにカヌーは小笠原諸島で1回体験したことがあったのですが、川では初めてです。妻はカヌー初体験です。

うちの妻には珍しく、朝からテンションが上がってウキウキしていました。




那珂川の上流に到着。

天候も最高!絶好のカヌー日和です。

あとはシャケが見れたら完璧です。

鮭居るかな〜?!ワクワクしながら川に降りて行きました。


・・・


うん…速攻で発見しました。
大量の死骸となった鮭が直ぐに見れました。


まぁ〜居るということがわかったので、川下り開始!









僕たちは二人乗りのカヤックを貸してもらいました。

カヤック超楽し〜♪

滅多にテンションが上がらない妻も、かなりハイテンションで楽しそうでした。

最初のうちはオールで流れに逆らって漕いでみたりしてましたが、次第に疲れてきてしまい流れに逆らわずに、川の流れに任せてカヤックを進めていました。
というより漕がずに浮かんでいるだけでした。

でもそれが最高に気持ち良いのです。

天候と川の音、何より人がいないので静かで自然を満喫できました。
最高のリフレッシュです。

そしてカヤックに浮かんで水面を見ていると、



ついに発見!生きた鮭が見れました。
※ちなみに写真に写って居るのは死にかけのシャケです。
活き活きとした鮭は動きが速すぎて写真に収めらませんので。


てか鮭たくさん居ました!
生きてるのも死んでるのも死にかけのも大量です。
海から必死に泳いできた鮭がここで力尽きています。

こんなに鮭を見たのは初めてです。
そして死んだ鮭には、大量の鳶や鴉が群がっています。

『生と死』、必死に生きてるんですね鳥も鮭も。

多分このような光景を見て感動するところなんでしょうけど、生憎僕はあんまりそのような感性が無いので、
普通に『鮭大量に死んでるなぁ、鮭めっちゃ食われてる〜』ってさら〜と見て終わりましたが…

妻は死んでる鮭を見て感傷に浸っていたそうです。

僕にはわかりませんでしたけど???


川下り後は焚き火で暖をとりつつ、お餅を焼いて食べました。
自然の中で食べるとただの小豆をかけた餅もすごく美味しいです。



従兄弟『高校生』と僕『26歳』
お互い火遊びで楽しんでる時点で、精神年齢は大して変わらないです…

その後、露天風呂に入りラーメンを食べて、久しぶりに充実した1日を過ごしました。

有難いことに世界一周出発までもイベント盛りだくさんなので、仕事しなくても退屈しないで過ごせそうです。


日本の自然は素晴らしい!トロサーモンは美味しい!イクラも美味しい!

Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿