2015年11月17日火曜日

『ISIL』と世界情勢、来年の旅に影響は?


フランス同時多発テロは世界中で大きく取り上げられ、一大ニュースとなっています。
しかしフランス以外にも絶えずテロや紛争は起きています。
日本ではフランスのテロだけを大々的に取り上げられていますが、同時期にレバノンでもテロが発生して多くの方が亡くなっています。
なのに日本のメディアやニュースでは、ほとんど取り上げられていません。
http://www.bbc.com/japanese/34805824


フランスと同じくらいの方々が亡くなっているのにです。
メディアの偏った報道には、つくづく違和感を覚えますね。

特に日本のメディアの一部では、未だに『イスラム国』と報道しています。

いい加減『I S I L』などで統一してほしい。

この報道のせいで『純粋なイスラム教徒』が肩身の狭い思いをしています。
ISILはイスラム教徒ではありません。
イスラム教を悪用した恐怖政治を行っているだけです。
世界中のイスラム教徒からは「あれはイスラム教を詐称した、ただの犯罪集団だ。断じてイスラム教ではない」とされ、世界各国のイスラム教団体が、ISILがイスラムを勝手に名乗ることに憤慨しています。


僕は今までにイスラム教徒が多く住む国も旅しています。
イスラム教徒を信仰する人はとても親切な方が多いです。
困っていたら助けてくれるし、他宗教だからと言って差別するような人には会っていません。
トルコではラマダン期間中にも関わらず、自分たちは水も飲めないのに観光地を案内してもらい、さらに家にまで泊まらせて頂いたこともあります。

宗教や国で一色単にするのではなく、個人で判断するべきだ。

そもそもがイスラム国って報道されたから、イスラム教徒が全て同じだと思ってしまう方もつくづくおかしいと思う。
それだと日本人の一部の人が海外で犯罪を犯したら、日本人全て危険なやつと言われるようなことです。

日本はテロの対象外でいられるのか?

日本も直接の軍事作戦には参加していませんが、アメリカなどの国には間接的に加担しています。
すでにISILでは日本も標的だと宣言しています。
遠い国の出来事で片付けられない事態だということを意識していきたいです。

こんな状況で旅に出ても平気なのか?

日本から出なければ安全?
家から出なければ安全?
治安良い場所を調べれば安全?

ではどこにいれば安全なのか?

考えたらきりがないです。
正直生きていれば何かしら死のリスクは抱えています。日本の治安は世界的にみても平和な国ですが、交通事故や震災の被害は世界でも高いです。
絶対に安全な場所なんてありえません。

だからと言って僕たちは、わざわざリスクのある国を訪問するつもりはありません。
情報をこまめに調べて、なるべく治安の良い場所を旅するつもりです。

しかし今回のような突発的なテロの場合、正直いつどこで自分たちが巻き込まれるかなんてわかりません。
今回テロで亡くなった方達だって、自分が今日テロに巻き込まれるなんて想像もしていなかったでしょう。

世界中で争いのない平和な世の中になることは難しいと思いますが、徐々に紛争や戦争やテロがなくなっていって欲しいものです。

I am praying that the world will have peace.

関連記事

http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20151117-00051529/




Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿