2015年12月2日水曜日

インドに行く前の洗礼!?難題インドビザ取得の道のり。


ブログは2015年12月現在の情報です。

ネットでたくさん調べていたので、ある程度は覚悟していた『インドビザ』

ここまで面倒だとは…

まず初めに行うのが、ビザを取得するのに必要なWeb申請なんですが、これがまた記入欄の多いこと。
全て英語表記なのは仕方ないとして、

【Countries visited in last 10 years】
『過去10年間で訪れた国』
長いわ10年とか!全部書けと…
※書ける範囲で書けば良いそうです

【Visible identification marks】
『身体的特徴』ってなんなんだよ!
僕は福耳です!とか、鼻にホクロがあるとか、たらこ唇ですとか書けってこと?
誰も書きたくないだろ!
てか写真あるのにこれいる?
写真みればよくない?
※特になければ『NA』で良いらしいです。

あと、2015年の7月以降、出入国の航空券『e-チケット』を持っていないと、ビザを申請できなくなりました。それを知らないで一回全て入力してプリントしてしまったのですが、気がついて再度修正しようにも修正の仕方がわからない…
調べてみると印刷画面までいってしまったら、最初からまた記入し直さないとダメらしいです。

はぁ〜イライラ。

印刷後に間違えたら災厄です。

最終確認は徹底的に行いましょう!
一度プリント画面までいったやつは、一部修正なんてできませんでした。

てかインド行く前からこれですか!
なんですかこれ、インド行く前の洗礼?それとも予習?
日本企業だったらクレームの嵐です。

でもこんなことでイラついてるようなら、インドは全く楽しめないでしょう。

それにまだWeb手続きなんてインドビザの第一段階です。

第二段階は『インドビザセンター』へ行き、ビザの申請書を提出することです。

昨日Web申請し印刷した書類と、航空券『e-チケット』、パスポートを手に『三田駅』にあるインドビザセンターへ向かいました。
妻は仕事で行けないので、妻の分も代理で申請しに行きます。

インドビザセンターに着くと、既にたくさんの人がビザの発給を待っています。

とりあえず『観光ビザ』とだけ書かれた窓口に向かいます。

流石インドの職員。
期待を裏切らないです。

窓口まで書類を出しに行ったんですが、

僕 『書類提出はここでいいのですか?』

インド職員 『 . . . 』無視…

僕 『あの〜』

インド職員 ちらっと僕を見て『書類ここ置いて待て!』とだけ言って終了。

僕 書類をそっと置いて窓口を去る

一回聞こえてたのに無視しましたよね!
しかも二回目声かけた時すげー嫌そうな顔してましたよね…
分かりますよ。忙しそうなのは、でもそれ貴方の仕事ですから!

とりあえず呼ばれるまで待ちます。

Web申請の書類は少しでも不備があると、やり直しさせられると聞いていたので、妻と1日かけて徹底的に調べて入力したので安心して待っていました。

15分後…

インド職員『ジョースケさん』

名前を呼ばれ窓口へ。

僕の名前は『ジョースケ』ではありません。

リョウスケです。


インド職員 『はぁ〜チッ!ここダメ!やり直し!どうする?今日やる?』

僕 『修正してきます』

てか今、舌打ちしましたよね。

すげームカつくんですけど…

怒りを抑えてやり直しに。


ちなみに書類の修正は、また最初からWebで申請し直さなければなりません。
不備があるとインド大使館にあるパソコンに誘導されるのですが、使用料が1000円くらい取られて、さらに印刷代で800円くらい取られるらしいと聞いていたので、僕は自前のパソコンを念のため持ってきていました。

ありえない金額です。ボリすぎでしょ!金の亡者かインド!

自前のパソコンで入力していると、インド職員が近づいてきます。

インド職員『パソコン禁止!外でやれ!』



歯向かっても仕方がないので一旦退出します。

ちなみに間違いを指摘されたのは職業欄の【Designation/Rank】です。

僕も妻も役職は無いので『NA』と記載したら指摘されました。
役職は付いていないと言ったのですが、それなら仕事内容を書けと言われて終了。

面倒なので僕も妻も『designer』と記入しておきました。
わかる単語がそれくらいしか思い浮かばなかったので…

修正していて気がついたのですが、僕のパスポートの有効期限の年が間違えていました…
そっちを指摘しろよ!そっちの方が重要だろっ!

危ない危ない…

念入りに確認しながら入力、PDFに保存してコンビニで印刷して再び大使館へ。

周りの人をみると疲れ果てて、イライラしている日本の方々がたくさんいらっしゃいました。

僕は再び窓口へ向かい再度提出。

. . .

待つこと15分…

呼ばれたので窓口へ。

インド職員 『はいこれ書いて』

渡されたのは返却時の郵送書類です。

僕 『後日取りにくるのでいいです』

インド職員 『今日は郵送のみ』

僕 『ん?今日は?』

インド職員 『早く書いて』

まぁまた来なくていいなら良いか。

インド職員 『お金ね。5780円!』

僕 『ん?ん?えーと、ビザ代が1890円でしょ、二人分だから3780円だよね。

インド職員 『送料一人1000円!

僕 『二人とも住所一緒で夫婦なんですけど…』

インド職員 『ダメ!二人分!』

てか送料高っ!そんなに掛からないでしょ!

仕方ないので支払い、インドビザ無事終了。

いろいろ『ん?』ってところはあったのですが、まぁインドへ行く前の洗礼ということですかね。
隣にいた女性の方はやり直しに使用したパソコン使用料と、プリント代とビザ代で5000円近く払ってました。高っ!

想像以上にインドは凄そうです。

インドビザ終了後、近くにある『浜離宮恩賜庭園』へ気分転換で行きました



これといって僕は庭園とか興味ないのですが、この写真の『三百年の松』が凄かったです。都内では最大級らしいです。

ちなみに写真に写ってる人は僕の高校からの友人で、仕事が休みで暇らしかったので冗談で誘ったら、インドビザ申請に付いてきてくれました。
何も面白いこと無いよ!って言ったんですが、何を期待していたのか…
僕のブログに載せて良いよ!って言われたので、300年松の大きさを比較するのに使わせて頂きました。
ちなみに彼女は現在彼氏募集中です。
興味がある方は僕に連絡ください!
仲介させて頂きます。仲介料は頂きませんのでご安心を。

インドビザのストレスをこの静かな庭園で、心を落ち着かせて帰宅しました。

それでは最後にインドビザ申請の注意点です。


・申請書は必須項目以外もすべて記入し、空白を作らないこと。

・『Religion/宗教』無宗教の場合ならNAよりは『BUDDHISM=仏教』を選ぶのが良いらしいです。

・Web申請は念のため、二つくらいパターンを作って印刷しておく。
※不安要素がある部分は何パターンか作っておくと良いです。

・神経質なくらい念入りに申請書を確認すること。

・インドビザセンターでは理不尽な要求に従うこと。
※抵抗しても無駄なので

・インド職員の態度が悪くてもイラつかないこと。
※インド入国前の訓練だと思っていましょう。

・インドビザセンターのパソコンは使用すると高額な料金なので、やり直しはネットカフェなどを使うと良いです。もしくはノートパソコンを持って行く。
※センターのパソコンを使用する場合は2000円くらいは取られる覚悟をしましょう。

・受付時間ギリギリには行かないこと。
※大半の人が修正を指摘されていたので、一発合格を期待してギリギリに行くのは辞めましょう。

以上を踏まえて、ビザ申請へどうぞ!
https://indianvisaonline.gov.in/visa/index.html

申請書記入例はこちらを参照に!
http://playonearth.net/user/visa/Online_Indian_Visa.pdf


申請書提出時間
月曜日 〜 金曜日
9:00〜13:30
土曜日
9:00〜12:00

パスポート回収時間
月曜日 〜 金曜日
10:00〜12:00
15:00〜17:30

申請書の提出時間は短いので気をつけてください。



Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

4 件のコメント:

  1. 返送料のお釣りはセロテープで紙に貼り付けてパスポートと一緒に帰って来ますよ。

    返信削除
    返信
    1. まじですか!僕たちはパスポートだけしか帰ってこなかったです…

      削除
  2. トラベラー2016年3月29日 14:25

    こんにちは。
    サボテンの花が目立つ、かわいいブログですね。
    ドンビシャの内容(わりと最近ですし)で、とても参考になりましたので、
    もし、お時間あれば教えていただきたいのですが、
    郵送代は仕方ないにしても、結局、インターネット代(1820円)
    は支払っていないのですよね?
    一度行きましたがほとんど、すべての人がやり直しされているようで、
    (常連のような人は別の印象)
    インターネット代は払っていない、という事実がある、ということが知りたいので。
    自分も、PCを持っていく予定です。
    対応は良くなって(態度)、ハイテク化してるようで
    実は、茗荷谷(対応はイマイチ)の昔の紙で記入される方が簡単で良かったです。

    返信削除
    返信
    1. 僕はパソコンを持参したので、ビザセンターのパソコンを使っていません。
      なので、インターネット代金は支払ってません。
      ビザセンターのパソコンを使った人は支払っています。
      パソコンを持参するのがベストですよ!

      削除