2015年12月26日土曜日

旅に持っていくデジタルカメラは防水・防塵・耐衝撃がおすすめ。

サブカメラとしてデジカメを買いました。
メインカメラは一眼レフの『NIKON D5100』を持っていきます。

サブカメラなので一眼レフでは撮れないものが撮れて、持っていけない場所に持っていけるのを選びました。

重視した点は、耐衝撃・防塵・防水機能のついたデジカメであることです。

世界一周中はダイビングにも挑戦したいし、砂漠にも行くかもしれません。
なので頑丈であることが大切でした。

以上を踏まえて購入したのは、

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough


価格も4万円前後とお得です。
画質も1600万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fiでデジカメとは思えないほど綺麗に撮影できます。


アウトドアスポーツに特化したカメラなので、素早いシーンの撮影にも向いています。

このカメラで一番凄い!っと思った機能はスーパーマクロ撮影です。
ここまで繊細なマクロ撮影ができます。

最近のカメラ性能は凄いですね。

これ持っていけば一眼レフいらなくない?
って妻に言ったら『はぁ〜?』って若干キレ気味で言われました。

もちろん一眼レフを持っていくのは僕の役割です。

昨日パッキングしてみたら思っている以上に荷物があって、サブバックに一眼レフカメラとレンズと三脚を入れるとほぼ容量がなくなってしまうのです。
あと重たいっていう理由で、持っていくの面倒くさくなってきちゃったんですよね。

さらにこのデジカメを買って性能の良さを知ったら、なんかもうこれでいけんじゃんって感じです。

まぁ一眼レフも持ってきますけどね。
でも単焦点の35mmだけにしとこうかなぁ。

望遠レンズ重いし、あんまり明るいレンズじゃないから気に入ってないし…

最近の世界一周旅行者の多くは、一眼レフ、防水カメラ、パソコンなどあんなに色々ガジェット持って旅してるみたいですけど、重くないですか!?
僕たちはまだ二人だから多少分散できますけど、一人旅だとパソコンからカメラとか全部一人ですよね。
考えられないです。

早く四次元ポケットが開発されればいいのになぁ。もしくはポイポイカプセル。
今後の技術の進歩に期待しましょう!

Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿