2016年1月15日金曜日

ネゴンボからダンブッラへ。ローカルバス移動はキツかった!

day10. 2016.1. 14 Sri Lanka/Dambulla

ස්තූතියි
ストゥーティー

今日も早朝出発。

向かう先はダンブッラ。

ネットで情報を調べると、ネゴンボのバスターミナルから二回バスを乗り継いで行けるとのこと。

7時に宿をでてスリーウィーラー「三輪バイク」でバスターミナルへ。

バスターミナルでまずはクルネーガラ「Kurunegala」行きのバスを探します。
『クルネ〜ガラ〜』って連呼してるとバスまで案内してくれます。


クルネーガラまでは100lkr「90円くらい」ローカルバスはとても安いです。

ただしローカル度100%で、ツーリストは僕たち以外乗っていません。
※目の前のおじさんは日本人です。見えね〜

ぎゅうぎゅう詰めのローカルバスで2時間半くらいで、クルネーガラ「Kurunegala」に到着。
クルネーガラは結構大きい都市で、バスの経由地点として利用されています。


ローカル食堂で、スリランカカレー「フィッシュカレー」遅めの朝飯を食べます。

味はまぁ…不味くもなく美味しくもなく…
あ〜銀座カレーが食べたい!

食事後、再びバスに乗車。

目的地のダンブッラ「Dambulla」まで行きます。
値段は50lkr「40円」くらい。

スリランカのバスは、走行中もずっと入口が開きっぱなしです。

危なっ!

油断すると振り落とされます。
でも楽しいからあえて入口付近を陣取ります。

3時間ぐらいバスに揺られて、やっと目的地のダンブッラに到着。
ダンブッラは文化三角地帯に位置します。
スリランカで一番有名な『シギリアロック』の拠点として使われる小さな町です。

バスを降りてすぐに客引きに宿に連れて行かれます。

半額くらい値切りチェックイン、やっと一息つけました。

まだ完成していないけどね…完成してから人呼ぼうよ(笑)

まぁ室内も綺麗で、宿の人も親切で明るいので結果良かったけど。

少し休んだ後は町を散策。

大きい市場を見学したり、ふらふら町を散策。





やっぱりスリランカは人もフレンドリーで明るいし親切。

目があうと手を振ってくれたり、ハローって声かけてくれて気分が良い。
日本人も見習わなければいけないところだね。

動物も人懐っこい。

でも、君は近寄らないで…怖いから´д` ;
ていうか君だれ?トカゲにしては大きいけど…ねぇイモトさーんヘルプ!


明日は朝一でシギリアロックに行ってきます。

体力温存のため早めの就寝。

まぁ夜に空いてる店もないし、何もないから寝るしかないんですけどね。

夜は涼しくて静かでのんびりと滞在できそうです。


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿