2016年1月18日月曜日

再びふたり旅開始!ダンブッラからキャンディへ。

day13. 2016/1/17 Sri Lanka/Kandy

පරිස්සම් වෙන්න
パリッサン ヴェンナ

スリランカはWi-Fi環境がとても悪いので、ブログの更新がなかなか難しそうです。

日本の株価下落の影響で、南インドまで一緒に旅するはずだったノダサンが緊急帰国。
ノダサンは株主なのです。

本日から再びふたり旅の開始です。

南インドをノダサンに頼る気満々だったため、これからは必死に情報収集をしたいと思います。

今日はダンブッラからキャンディに移動します。
ローカルバス150lkrで2時間の距離を移動できます。
バスの車内では、スリランカ音楽かインド音楽が、大音量でかけられております。

あ〜うるせ〜

キャンディまでは山道で、急カーブがたくさんあります。
日本みたいに崖側にガードレールなどありません。
そんな道をありえないスピードで走るバス。
急カーブでも殆ど減速しません。

なんですか?減速すると爆弾でも起動しちゃうとかですかね?

崖側に座っている身としてはかなりの恐怖です。

お願いだから安全についてください(´Д` )

流石にこの揺れと爆音では妻も眠れないでしょう。


ばっちり寝てました。

この揺れと爆音で寝れる精神は素晴らしいです。

スリランカのバスマナーで、立っている人の荷物を座っている人が預かります。
最初何食わぬ顔で、膝の上に荷物を置かれたので???でしたが…


午前10時キャンディに到着。

キャンディはスリランカの第二の都市です。
スリランカの中心に位置しています。
高地に位置しているため日差しがとても強いです。
日傘をさして歩いている人がとても多いです。

バス停で近づいてきたリキシャのおっちゃんに、宿の希望金額を伝えて宿まで連れて行ってもらいます。

Crystal Lake Resort

1泊2200ltr「1800円くらい」
立地:悪い
WiFi:物凄い遅い
環境:普通

総評、違う宿を選びましょう!


宿にチェックインした後は、ふらふらと歩いて市内を散策。
ここキャンディで有名なのは仏陀の歯が祀られてあるお寺、ダラダー・マーリガーワ寺院『佛歯寺』一番の名所ですが、入場料が高いのと興味がないので僕たちは行きません。

宿の近くにはキャンディ湖が広がっており、このキャンディ湖の周りを散歩するのが人気らしいです。
湖の周りには魚、亀、水鳥、コウモリ、猿、トカゲなど様々な生物が生息しています。


君、湖にいる生物にしては大きすぎじゃない?

それにしても暑すぎる!

あまりにも日差しが強いので、休憩の為に公園に入ります。

100lkr入場料が掛かります。

100lkr掛かるので何があるのか期待して入ります。

・・・

えっ!?何もありません。

辺りを見渡すといちゃついてるカップルしかいません。

てかいちゃいちゃしているカップルがありえない数います。

???

なんだこの公園?


多分キャンディにいるカップル全員が、この公園でいちゃついているんじゃないかってくらいの人数です。
これは結構衝撃的です。

僕は妻と一緒なので良かったですが、一人できてたら地獄です。
100lkr払っていちゃつくカップルを見るだけなんですからね。

まぁでも面白いものが見れました。

あと、こんな公園ですら現地人30lkrに対して、観光客100lkrですからね。
スリランカは外国人観光客に厳しすぎます。

昼ごはんと夕食は宿の近くにある、トリップアドバイザーでお勧めのレストラン。
The Kandy Garden Cafeに行きます。

スリランカに入ってからずっと気になっていた食べ物『kottu』を注文します。
ずっと気になっていたのに、どこで頼んでも無いって言われてきたのです。
やっとkottuの謎が解けました。


カレー風味の太麺を細かく刻んだ食べ物です。

もちもちしていて結構美味しい!


宿は僕たち以外にフランス人女性しかいないので、夜はとても静かです。

・・・

と思いきや、夜中に犬たちの遠吠えの合唱が始まりました…

静かな夜はやって来るのでしょうか?



今日のふれあい写真館






Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿