2016年2月1日月曜日

3つの海を見渡せる場所!インド最南端の地へ。

なるべくリアルタイムでブログをお届けしようと思っているのですが、なにせ南インドのWiFiが微弱な為なかなかブログの更新が難しいです。
ちなみにリアルタイムはバンガロールです。
インドIT産業の中心で大都会なのに、WiFiが貧弱って大丈夫!?
そんな心配と遅すぎるWiFiにイラつきながらブログを書いております。


day24. 2016.1. 28 India/Kanyakumari

नमस्ते!नमस्ते!
ナマステ!ナマステ!

今日は何故かヤギの鳴き声もなく静かな朝を迎えます。
昨日のはなんだったんだ?ヤギはもう食われたのか?と少し心配した後、向かうはインド最南端の地、『Kanyakumari』
宿の人に行き方を聞くと、長距離バスターミナルはマドゥライの中心地から8キロほど離れた、『Mattuthavani Bus Stand』から出ているとの事。

オートリキシャで150ルピー支払い、先ずはバスターミナルへ向います。

ターミナルへ着いて『Kanyakumari』行きのバスを聞いてまわります。
どうやら直通のバスは1時間後に出るらしく、今すぐ出る近くの町まで行くバスに乗せられて5時間弱(170ルピー)ナーガルコーイルへ到着。
意外とインドの長距離バスは快適でした。
スリランカの様な狭い席でキツキツに押し込められるのかと思っていたので…

そこからローカルバス(10ルピー)へのり30分、出発から6時間かけて『Kanyakumari』に到着しました。

『Kanyakumari』はインド最南端の街で、ベンガル湾、インド洋、アラビア海と三つの海が見渡せます。

残念ながら境目はわかりませんが、東はベンガル湾、南はインド洋、西はアラビア海です。

朝はベンガル湾からのサンライズが見え、夜はアラビア海に沈む太陽が見られるインド唯一の場所でとても良いロケーションです。
インド人の観光客や巡礼者も多く、小さい街ですがインドの休日には宿が取れないほどの賑わいだそうです。


朝から何も食べていないので、着いて直ぐに食堂で食事を取り宿探しです。

とりあえず目につくホテルに部屋が空いてるか尋ねるが、どこも空いてない…

なぜ?

この狭い街にホテルがたくさんあるのに何処も満員ってどゆこと?

30分程歩きまわりやっと見つけたホテルへチェックイン。
疲れがピークに達してそのまま爆睡。

夕方に目を覚まし市内を散策していると、満員の理由に納得。

この狭い街にありえない数のインド人。殆どが観光客です。

あ〜なるほどね…インドのお休みと被ったのかな。

観光地は狭い範囲に纏められて、半日もあれば回れます。


そして何より静か、インド人も観光客が多いから殆ど絡まれない。

大柄のオカマには絡まれたけど…

頭撫でられて肉つねられた(´Д` )
これが噂のインドのオカマね。
みんなバシバシ叩かれてお金を渡してます。
インドではオカマは神聖な生き物らしく、オカマはその権力を使いやりたい放題なのです。

オカマはいるけどこの街好きです!

夕方はサンセットを見に、海に突き出たパーキングエリアのような建物の上からからアラビア海を眺めます。
アラビア海に沈む夕日。

相変わらず一緒に写真を撮りたがるインド人。
まぁ有名人になった気分で写真に撮影に応じてあげます。


自撮りも大好きです。
なぜか有名スポットが映らない位置で自撮りするんですよね。
観光地でも何もない通路とか建物とかで…不思議です。

日が沈んだ後のビーチにいくと、沐浴なのか海水浴なのか海に浸かるインド人達。

ねぇ寒くない?
どうせなら日中の暑い時間に入れば良いのに…

今日の青春の1ページはこれに決まり!


とりあえずここで三日くらいのんびりと過ごします。


最後に聞きたい!
ねぇねぇなんでみんなドヤ顔でアイーンしてん!?




Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿