2016年2月12日金曜日

インドの床屋で散髪をしてみたら…

day33. 2016/2/5 India/Hampi

ナマステ!

今日の一日の予定はATMでお金を引き出す事と、散髪をする事です。

はい…それだけですが…


同じ街に何日か滞在すると観光も飽きてくるので、やる事がなくなるのですよね。
それに日中はくっそ暑いので、外に出歩くのが億劫になってきます。

なので今日の予定は朝起きて朝日を見にいって、ATMでお金を引き出したあとは散髪に行く事だけです。

朝日は昨日のメンバーで再び岩山へ向かいます。



この場所はもうお気に入りです!


これはお気に入りの一枚!

早起きが苦手な僕たちも朝日をみる時だけは早起きできる。


太陽が昇りきったら一気に気温が上がるので、さっさと岩山を後にします。


宿に戻り少し寝た後、また向こう岸に船で渡たり床屋を探します。

まだ旅を始めて一ヶ月しか経っていないですが、僕は髪の伸びるペースが早いので一ヶ月でボリュームが増えて鬱陶しくなってきてしまいました。
せっかくなので現地の床屋で散髪するのもありだなぁと思い、妻と髪を切りに向かいます。

つっても切るのは僕だけですがね(汗)


インドの床屋は藁葺き屋根の半分外のような場所で散髪します。

観光客で切っている人はまずいません。
並んでいるのはインド人のみ、ちゃんと要望が伝わればいいのですが…

順番になりインド人の美容師に200ルピー支払い要望を伝えます。

僕『インサイド カット 1mm、ヘアー ボリューム カット アンド オールヘア1cmカットプリーズ!』
言いたかったのは、『内側を1mmにバリカンでカットして、全体のボリュームを減らして全体の長さは1cmカットしてください。』

ジェスチャーと道具を指差しながらどのように切ってほしいかを説明。

インド人美容師『OK』

序盤はバリカンで要望通りツーブロックの内側を1mmでカットしてもらいました。
スキバサミを取り出し全体のボリュームを減らしてもらいます。

ここまでは僕のイメージ通りで要望通りです。

一通り切り終え見てみると、おっ!なんか良い感じになってるじゃん♪


てかなんでおっさんそんな口ひん曲げてんの?

妻『なんか横から後ろにかけて綺麗に揃ってるよ!今までで一番面白い髪型かも…(爆笑)』

僕『うそっ!マジで…』

妻に後ろの写真をとって見せてもらいます。


・・・


うん…綺麗に揃えられてる…泣


妻『ここまでまパッツンだともう手遅れだね…』

結果"ホタルの墓"に出てくる、"せつこ"みたいな髪型が出来上がっていました。

どうしてこうなった!?

前から見たら良かったのに…

そう言えばインド人がコリアンスタイルって言ってな…

もうここではどうする事もできないので、宿に帰り妻に整えてもらいます。

妻『すごいね!ここまで綺麗に揃ってるとどうしようもないかも(笑)』

僕『お願い(泣)!なんとかしてください』

妻に後ろと横を整えてもらい、だいぶ良くなりました。

まぁ髪はまた直ぐに伸びるのでいいですけどね。

今度切るときは現地で一番人気のある髪型に、お任せで切ってもらうことにします。

インド人の若者の髪型はおしゃれな人多いので、多分お任せにしたほうがカッコよく切ってもらえると思います。

インドの床屋は髪切り終わった後に、頭皮のマッサージや肩と首も揉んでくれるので結構気持ち良いです。
値段も200ルピー380円くらいですし、気に入らなかったらもっと短くすれば良いだけですからね。

インドの床屋オススメです!


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿