2016年3月26日土曜日

秘境!ムスタン王国への道。カトマンズからポカラへ

day69. 2016.3.10 Nepal/Pokhara

今日は『ムスタン王国』の入国許可証を受け取ったあと、直ぐに『Kathmandu=カトマンドゥ』から『Pokhara=ポカラ』へ移動開始。

時刻は午後2時、カトマンドゥからポカラまではバスで7時間弱。

僕たちは時間短縮の為にタクシーで向かいます。

タクシーでポカラまでは交渉して8000ルピー(8100円くらい)

4人なので1人2000ルピー、バスの2倍値段が掛かりますがそれより早く着いて欲しかったので奮発!

ただ、ネパールのタクシーは殆どがこのサイズ。


狭い…

しかも道悪すぎて跳ねる!跳ねる!

あ〜ぁ…これならバスの方が楽だったかもと思い始めた頃…
バスとトラックの正面衝突の現場を目撃。

あれ?一つ早いバスに乗ってたらヤバかった?

まじ…怖っ!

バスもトラックも乗用車もカーブだらけの峠道をガンガン飛ばし、1車線の道で前の車を無理やり追い抜きます。

なんど対向車とぶつかりそうになるのを目撃したか…

僕たちのタクシーはと言うと、何故か凄いスローペースどんどん追い抜かれていく、
安全運転なのか、5人と大量の荷物で重くてスピードが出ないのか?

あれ?これバスの方が早く着くんじゃね?

またまたそう思い始めたときタクシーがストップ。

『どうした?』って運転手に聞くとオーバーヒートだそう。

ま・じ・か…

最悪だ…なんかエンジンから煙出てるし…

冷やす為の水を民家へ汲みに行かされ、エンジンに水をかけて少し冷ましたら復活。


水を汲みに行っている間、タクシーの運転手はエンジン修理してたのかと思ったら、スマホでゲームしてやがったし…ふざけんな!


しかし走り始めてすぐに、再びオーバーヒートでエンスト。

その後5回くらい停まってエンジンを冷やしながら、やっとポカラへ到着。

バスよりタクシーの方が結果的に遅くなってしまいまった。

値段2倍以上かかったんだけどね…これならバスの方が全然よかったわっ!

ポカラで日本食レストランの桃太郎で遅い夕食を食べたら、日本人宿ペンギンゲストハウス』に今日は宿泊。
ペンギンゲストハウスのオーナーは日本語ぺらぺらで、すごく親切で優しい方。

先に着いたネパール人ガイドの名前は『アンカミ・シェルパ』呼び名は"アンカミさん"と宿で合流。


※名前に『シェルパ』が入っている人は、東ネパールの山岳民族の『シェルパ族』の人。山に詳しく、登山隊などのガイドの仕事に就く人が多いそうです。

いよいよ明日からは『ムスタン王国』の玄関口、『Jomson=ジョムソン』へ向かいます。


本当は飛行機で行く予定だったんですが、ポカラからジョムソン間の飛行機がよく山に衝突して落ちるらしく、つい一週間前にも山へ激突し乗員乗客全て死亡するというニュースがあったばかり。

流石に事故が多く怖いので、僕たちは陸路で1日かけて向かうことになったのです。

このときはまだ、ジョムソンまでの道の恐怖は知らずに…


因みにムスタン王国の位置


※ネパールの地球の歩き方には、ムスタン王国の詳細は載っていません。

『ムスタン王国』に近づくにつれて、やっとワクワク♪ドキドキ♪してきました!

明日は5時起きの5時30分出発です!宿に着いたの夜の11時ですけど〜…あと数時間しか寝れん…泣


ポカラ宿情報

場所:Pokhara Lake Side
値段:ダブルルーム750ルピー(部屋により値段は違う)
WiFi:有(速度普通)
その他・ホットシャワー/漫画/日本語可/バス手配/トレッキング手配など


部屋は広くて清潔!
ベットも広くて快適。
何よりオーナーとスタッフがとても親切な宿です。



Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿