2016年4月19日火曜日

ポカラで沈没、気が付いたら8日が過ぎました。

まずは、リアルタイム報告。

イランの首都テヘランからバスで25時間かけて、アルメニアの首都エレバンまでやってきました。
バスで25時間の移動は人生初体験。

最初の10時間くらいでパソコンの電源も切れてしまい、暇つぶしの映画や漫画が見れなくなる。

現代機器も電気がないとただの邪魔な塊ですね…

もう最後の6時間はひたすら、無心で車窓からの風景を眺めていました。

イランではWiFi環境が悪く、さらにネットに規制がされているため、全くブログにアクセスできず、更新が止まってしまいました。

あぁ〜まだネパールの記事終わってないのに…どんどん月日が進んでいってブログがリアルタイムに追いつかない。

すでにブログ書くのが憂鬱になってきました。

それではブログは前回の続きから


 day.81~88 2016.3.22~39 Nepal/Pokhara 

予定外のカトマンドゥ滞在から、荷物を取りにポカラへ戻ります。


カトマンドゥからポカラまでは、ツーリストバスで7時間(600ルピー)

このツーリストバスが凄い!

まず、バスにWiFiが付いてます。

ペットボトルの水が無料で出てきます。

バスの中も清潔で、座席もそこそこ広い。

快適にポカラまで行けました。

この前はわざわざ高い金出して、キツキツのタクシーで行ったのがバカみたいだった。

ポカラに到着したら、荷物を預けてもらった『ペンギンゲストハウス』へ。

10日振りに荷物と再会!

宿のおじさんもやっぱり凄い親切で、ながく泊まるからと一泊600ルピーで部屋に泊めてくれた。

とりあえずトレッキングで持って行った荷物と、置いていった荷物の整理をしたあと、夕食へ。

ポカラの町も日本食が安くて美味しい店が沢山ある。

一番最初に行った店は『富士山レストラン』



完璧な日本食が500円以下で食べられる。
この店は宿から近いこともあり、滞在中は毎日通っていました。
オススメは天丼!日本でもここまで美味しい天丼はなかなか食べられないでしょう。

そんなポカラ滞在で僕たちの行動範囲は、宿から2キロ圏内。

ポカラのレイクサイドには、沢山のお洒落なカフェやレストラン、雑貨ショップなどが並び、日本食、中華、タイ、韓国、イタリアン、フランス、ロシア料理など様々な国の料理が、ネパール価格で楽しめる。

僕たちは滞在中、日本食とカフェ巡りだけだったけど…

カフェやレストラン情報は後でまとめます。

到着して二日目は、ネパールの『ホーリー祭=Holi』の日。

ヒンドゥー教の春を祝う祭で『Happy Holi♪』って言いながら、誰彼構わずに色粉や水を掛け合う祭。
インドのバラナシが一番有名らしく、日本人でホーリーに参加したい人はバラナシに集まります。
ホーリー祭の日は、すべての人が誰に対しても傍若無人に色粉をかけて良いことになっているらしく、この日は掛けられても決して怒ってはいけない。

僕たちはトレッキングのすぐ後で、疲れていたので宿に引きこもり安静にしていました。

でも見ていると、ポカラのホーリーは嫌がる人には掛けてこないし、子供達がニコニコしながら楽しんでいる、和やかなムードのホーリーでした。



カメラを持って出歩いても、安全なポカラのホーリー!

祭期間中でも気配りできるネパール人は本当に良い人たち。

ネパールの子供も可愛い!


泊まっていた『ペンギンゲストハウス』も最高の沈没宿!


WiFi・ホットシャワー付き、テーブル&ソファー付き、漫画と文庫本沢山、オーナーは日本語ぺらぺらで宿のスタッフ皆んな凄い親切!
しかも長期滞在割引で1泊600ルピー!この旅一番の低価格ハイクオリティーの宿でした。

そして気が付いたら、8日間ポカラで何もせずに日本食を食べまっくって時間が過ぎてしまいました…

あぁこんなに早く沈没するとは思っていなかったなぁ。

ポカラは山の眺めが最高と聞いていたのですが、ずっと曇りで何も見えない状態、それも言い訳にして宿でボケ〜としてたのでした。


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿