2016年5月10日火曜日

アルメニアに富士山にそっくりの山が!?聖地アララト山とホルヴィラップ修道院

day.106 2016.4/20 Armenia/Yerevan Ararat

アルメニアの首都エレバンでは、観光名所というような場所が特にない。

なので今日はエレバンから1時間ほどの距離にある、『アララト山=Ararat』と呼ばれる『旧約聖書』にでてくるノアの箱舟が、流れ着いたとされる聖なる山を見に行きます。

エレバンからアララト山の麓の村までは、メトロ駅『Saaountsi David』の近くのキリキアバスターミナルからマルシュ(ミニバス)が頻繁に出ています。

料金:1人500ドラム(110円くらい)

エレバンを少し外れると緑の多い、豊かな自然の田舎道が広がっている。

マルシュ(ミニバス)には教会にお祈りに行く人たちが殆どで、大量の花を抱えている。

アララト山はアルメニア人にとって、とても大切な山で麓には教会がたくさんある。

前の席に座っていた子供

特にアララト山が綺麗に見える場所には『ホルヴィラップ修道院』があり、この修道院とアララト山の景色がとても美しい。

天気は快晴とまではいかなかったけど…

アララト山と修道院

因みにアララト山はトルコ側の領土なので、アルメニアからは眺めるだけで登ることはできない。
登るにはトルコに行くしかないのだけど、アルメニアからトルコへの陸路での国境は開かれていない。

昔オスマントルコ帝国がアルメニア人を虐殺した過去があり、そのことが理由らしい。

そういえばアルメニアの右隣の国アゼルバイジャンもトルコ系の国で、アルメニアと仲が悪く、つい先日も軍事衝突が起きていた。

イスラム教国家とキリスト教国家が隣り合わせだと、宗教も影響してるのかなぁ。



アララト山は二つあり、左が小アララト(標高:3896m)で右が大アララト山(標高:5137m)

エレバン自体が標高1000mに位置しているので、そこまで高くは見えなかったけど、二つとも富士山よりも高い。


富士山に似ているのが、小アララト山で標高も富士山の3776mと殆ど変わらない。


日本から持ってきた折り紙に書かれている絵と見比べてみたけど、殆ど形も同じ。
アルメニア人も日本に来て富士山をみたら、きっと『えっアララト山にそっくり!』って思うのだろうな。

アルメニア人と日本人は気が合いそうですね!

で、麓にあるのが『ホルヴィラップ修道院』

なんか鉛筆みたいで可愛い♪




このホルヴィラップ修道院の歴史は古く、西暦301年にまで遡るそうです。

当時アルメニアにキリスト教の布教に勤めていた『聖グレゴリウス』と呼ばれる宣教師が、当時の王様ティリダテス3世に13年幽閉されていた場所。

ホルヴィラップとは"深い穴"という意味らしい。


教会の中は照明がなく、自然の光とロウソクの光で照らされている。


メインの教会の隣には、"聖グレゴリウス"が幽閉されていた、地下牢へと続く梯子があります。


この深い梯子を下って行くと


円形の井戸のような空間があり、ここに"聖グレゴリウス"が幽閉されていたそうです。

今は電気で照らされていますが、当時はロウソクの火のみ、もちろん梯子もありません。

ここに13年間…

うわ〜考えただけで気が狂いそう。

こんな場所に13年間閉じ込められて、気が狂わなかった"聖グレゴリウス"ってどんな人なの?って気になったので調べてみました。


聖グレゴリウスとは?

グレゴリウスはアルメニア教会の初代最高位者。
アルメニアに初めてキリスト教を布教した宣教師でもあります。
当時の王様ティリダテス3世の命令で幽閉されるが、ある時ティリダテス3世が病気になり、王の姉がグレゴリウスを解放するよう進言。
王が妹の勧めに応じグレゴリウスを解放すると、王の病が治ったとらしい。
その功績から王はグレゴリウスを認め、世界で初めてキリスト教を国の宗教と定めました。

まぁアルメニア教会の設立者ってことです。

実在したかどうかは本当だとしても、こういう伝説って大概大げさに語り継がれていくのでしょうけど…

教会の周りは、緑がたくさん。

コウノトリ?みたいな大きな鳥もたくさん飛んでいます。



空気も澄んでいてとても気持ちいい♪


そういえばバスで来る途中に大きな銅像があったので、そこまで歩いて行ってみました。


この銅像の人は軍人?

何もない場所にポツンと立てられていました。

気になってネットで調べてのですが、出てきませんでした。

まぁそこまで興味あったわけじゃないから良いんだけどね。


アララト山もこの教会もアルメニア人にとって、とても重要な聖地なのでエレバンにいった際は訪れると良いかもしれません。

特にアララト山は富士山に似ているので、日本人にもきっと気に入る山です。




【アララト山と修道院への行き方】


メトロ駅『Saaountsi David』の近く『キリキアバスターミナル』からマルシュ(ミニバス)で40分ほど。

料金は500ドラム(110円くらい)

観光客が多く行くので、何も言わないでも向こうから『アララト?チャーチ?』って聞いてくるので乗るバスはすぐに分かります。

事前に調べていた情報では、修道院から2キロほど離れた村までしか行かないと書かれていました。
だけど僕たちの乗ったバスは、修道院へ行く人が多かったのか、修道院の麓まで行ってくれました。
帰りも修道院の麓から、エレバンまでのバスが来てくれたので楽でした。


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿