2016年5月25日水曜日

バイクで巡る!奇岩石群と巨大地下都市【カッパドキア】

day.117  2016.5/1 Turkey/Cappadocia

早朝に気球を満喫した後は、レンタルバイクを借りてカッパドキアを観光します。

最初に向かう場所は地下都市!

ギョレメから30キロ以上離れた場所にある為、通常はツアーを組んで訪れる人が多いのですが、節約の為レンタルバイクで行ってみました。

125CCスクーターバイク(1日レンタル:55リラ)

カッパドキアでバイクをレンタルするのに、国際運転免許や日本の免許すら提示しないでも借りられますが、凸凹道なども多いので運転に慣れていない人は要注意。

3人でバイクを二台借りて、



最初に向かう場所は、ギョレメからすぐに行ける『ウチヒサル=Uchisar』というところ。

ウチヒサル=Uchisar
天然の城塞都市で、岩の中に作られた家の中を自由に散策できる。

頂上に上がるには入場料がかかるのですが、周りで遊んでいるだけで十分楽しめる。


ウチヒサルは高い場所にあるので、カッパドキアの大地が遠くまで見渡せて、とても眺めが良い。


地下都市へ行くには、まずカッパドキアで一番大きな街『ネヴシュヒル= Nevşehir』へ向かう。

ギョレメからバイクで15分ほど。

途中の何気ない景色も面白い!


 ドラゴンクエストのダンジョンに出てきそうな街が、至るところに存在している。

地下都市もカッパドキアの至る場所に存在しているが、整備されていて一番大きな場所は『デリンクユ=Derinkuyu』にある地下都市が有名。

ネヴシュヒルから一本道をひたすらまっすぐに行けばつく街だ。

カッパドキアの広大な土地を、バイクで走る事30分。

地下都市のあるデリンクユに到着。

ここは観光地化されているので、入場料40リラを支払い中へ入る。

入場料たけ〜!ちなみについ最近までは10リラで入れた場所。

年々入場料が高くなっているようです。

【デリンクユ地下都市】

地下8階以上にも及ぶ巨大な地下都市で、通気孔の長さは120mを越す。
巨大すぎる為、未だに未発掘の状態でさらに巨大な場所につながっている可能性もあるそう。
最盛期にはおよそ2万人の人口と家畜がが住んでいた、巨大地下都市だ。
過去にはローマ帝国の迫害を逃れた、キリスト教徒が住み着いていたようだが、それ以前から地下都市は存在していたらしい。

なぜこのように地下に巨大な都市が大昔に作れたのかは、未だに解明できていないらしい。

世界にはまだまだ、謎に包まれたこと多いのですな。

そんな地下都市の内部。


地下都市はとても深く入り組んでいて、すごく冒険心をくすぐられる。


地下深くには宮殿の跡のような場所まである。


井戸のような貯水場や、保存庫、寝室、トイレなど、生活していく為に必要なものは全て揃っている。


敵の侵入を防ぐ為に使われていた円形の扉。

敵が侵入してきたらこれで入り口を塞いだらしい。


今は塞げません。

てか、塞いだら中から出られないので止めてください!

こんなにワクワクする場所が、カッパドキアにはまだまだたくさんある。

5千年以上前にさかのぼるとされる巨大地下都市を、一体誰が何の目的でつくったのだろう。

研究者にはたまらないロマンですなぁ。

僕の頭では想像もできない規模だ。

小学生の頃にこんな場所に住んでいたら、毎日探検に出かけていただろうなぁ。

入場料が高すぎて入るのを躊躇したのですが、ここは入ってよかったです。

一回停電みたいになって、電気が消えたときはかなり焦りましたが…

地下都市は迷宮すぎて、電気が点かなかったら遭難するレベル。

地下都市を満喫したら、ギョレメ国立公園を散策。

とりあえず有名な岩を巡ります。

Fairy Chimneys=親子の岩



仲良く並んだキノコの形の岩で、ツアーでも必ず来る観光スポット。
日本では『三姉妹の岩』って呼ばれている。

別にそこまで個性的な形ではないと思うけど、人気の岩。


Camel rock=ラクダ岩


ラクダ岩さん…飼育されていらっしゃる。
5年前に来たときには柵で覆われていなかったのに…

柵が付いていてなんか残念な光景でした。



Pasabagi=パシャバー(きのこ岩群)


長い年月をかけて、風雨に打たれ侵食してできた景色。
自然の力は凄い!


3人でラクダに乗っている子供達可愛い。


トルコの国旗ときのこ岩



最後にギョレメに戻ってきて、丘の上の展望台から夕日が沈むのを待つ。

ギョレメの街もほとんどが、岩の中に作られた洞窟ホテルや住居でできている。


夕日が沈むのを見たら、バイクを返却。


一日中バイクで観光してクタクタ。

ツアーで巡れば快適なバス移動で、値段もそこまで高くなく効率よく回れますが、カッパドキアの景色の中をバイクで走るのは最高に楽しいです。

Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿