2016年6月23日木曜日

神秘の湖!おとぎ話のような世界【スロベニア・ブレッド湖】

day.146 2016.6/13 Slovenia/Postojna

今日も朝早くに出発し、リュブリャナから2時間ほど離れた場所に、澄んだ湖が美しいと評判の"ブレッド湖"に行きます。

バスの車窓からスロベニアの緑豊かな風景を眺めていると、


うわっ!なんか雲がすごいことになってる!!

道のように長い真っ白な雲が、街のすぐ上に覆い被さっている。


なんだこれっ、凄っ!

朝からなんか凄い光景を目撃しながら2時間。

天気も良くなり、ブレッド湖へ到着。



ブレッド湖はアルプスの麓にある国立公園。

湖の見所は物語の世界のように美しい光景の"崖の上に聳え立つ城""湖に浮かぶ教会"

その美しさから"アルプスの瞳"とも称されているみたい。

どうでもいいけど、欧米人って名前の付け方がいちいちキザだよなぁ。

てか、湖の美しさは"アルプスの瞳"のようって正直よくわかんなくね?


鏡のように島が湖面に映り、島の中央には聖マリア教会が神秘的な雰囲気を醸し出しています。

島は高い位置から見ないと浮かんでいるようには見えないので、後で丘に登りに行きます。


水も透き通るように透明で、ヨーロッパではレイクリゾート地としても人気の高い場所です。



水の透明度ハンパないです!!

湖の周りは遊歩道となっていて、のんびりと森林浴をしながら散歩が気持ちよい。




地元の人も子供を連れて散歩している。

こういう静かで自然豊かな場所での子育ては気持ちがよいだろうなぁ。

湖の近くにのロッジとか立ててさ、うわぁ〜憧れる。

散歩をしながら色々な角度からお城や教会を撮っていく、写真を撮るのがすごく楽しい。




水辺に座っていると餌をくれると思って寄ってくる、人に慣れしすぎてる白鳥の親子。

ふと気になったんだが、白鳥ってかなり肉付きが良くて美味しそうなんだけど、白鳥って食べれないのかなぁ?

でもアヒルも鴨も食べるのに白鳥を食べるって聞かないのは、やっぱり美味しくないのかな…

妻にそんなことを話していると『そんなこと考えながら見てたの!?』って若干引かれる。

まぁ毎度のことなので凹まない。


湖に浮かぶ教会は、高い位置から見ないと浮かんでいるようには見えないので、丘の上の展望台まで登ります。

展望台へはロープウェイで8ユーロで登れますが、お金の節約のため歩けるところは自分たちの足を使うのが貧乏旅行者の節約術。

ムスタン王国トレッキングで鍛えた僕たちにはこんなの朝飯前!



って思っていたら結構しんどい。

息を切らしながら、20分ほどかけて登ると、湖に浮かぶ教会の姿がしっかりと見れる場所に到着。



うん!これが望んでいた光景!

まさに絵に描いたような、おとぎ話の世界。

島の中心にあるのは"聖マリア教会"

島の教会へ行くには、手漕ぎボートを借りるか渡し船で行くことができます。

まぁ僕たちは行きませんでしたけど…


展望台の近くには撮影スポットを発見!

景色を見て満足したので、記念撮影。



この周辺には自然を満喫できるアクティビティスポットや、斜面を利用したスライダーも楽しめる。


頑張って登ったので、帰りはスライダーで一気に降ります!(1回4ユーロ)



おしまい。


【リュブリャナからブレット湖までの行き方】

リュブリャナバスターミナルから料金一人:片道6ユーロ。
早朝から1時間に一便ペースで運行。
所要時間2時間。


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿