2016年6月7日火曜日

住所不定無職26歳男女4人旅 in カッパドキア

day.133  2016.5/19 Turkey/Cappadocia


今日は待ちに待ったカッパドキア最大のフェスティバル『Cappadox』の開催日。

この日の為に僕たちは2週間カッパドキアに滞在していました。

ウキウキしながら目を覚ます。

さぞかしカッパドキアは賑わっているんだろうなぁ。

部屋の窓越しに外の様子を眺めます。


し〜ん…

いつもと変わらず静かな朝。

あれ?フェスティバルは!?Cappadoxは!?

まだ朝早いから静かなのかなぁ?

とりあえず外に出て日向ぼっこ。


・・・

昼頃になってもいつもと変わらない…

フェスティバルをやっている気配は今の所ない。

あれ!?ねぇ今日Cappadoxの日だよね?

近くにいるトルコ人に聞いてみると、どうやら会場は今いる町の隣にある"ウチヒサル"がメインらしい。

僕たちが滞在している"ギョレメ"から"ウチヒサル"まではバスで行くことができますが、トレッキングコースで歩いて行くのが楽しいとのこと。

それなら、歩いて行きましょう!

スマートフォンの『Maps.me』で位置を確認しながらトレッキングコースを進みます。

  





なんだこのコース!楽しい!


この天然のアスレチックのような場所は、冒険心がくすぐられる。



普段は全く目につかないような、変わった花一つ一つが目に入るのがトレッキングの魅力。





それにしても絶景!





思わず飛び上がりたくもなります。

しかし、1時間以上も歩き続けているのに、全然ウチヒサルに近づいてこないし、『トレッキングコースなのに僕たち以外誰一人として歩いていないなぁ』ってみんなが気になり始めた頃。

Maps.meとGPSで再び位置を確認してみる。

あっ・・・みんなごめん。

よく見たらトレッキングコースの途中が途切れてた。

知らない間に道なき道を歩いていたみたいです。

どおりでキツイ斜面だと思った!

人もいない訳だ…

だってこんな細い道で落ちたら死ぬわ!って場所を黙々と歩いてきたんだから。


その後、なんとか道無き道を抜け、断崖絶壁をクライミングして正規のコースに戻ってきました。


ちゃんとお土産やさんもあるし…うん、正規のトレッキングコースだ!

結局1時間でウチヒサルまで着くと言われていたのに、2時間掛かり到着。


そして、Cappadoxの会場へ。





・・・


全然人いねぇぇぇ!

あれ!?期待外れ感半端ない。

やることがなくなったので、犬としばし戯れます。


癒し♪

わっきーは犬と遊んであげているのか、犬に遊んでもらっているのかよく分からなくなっています。


同レベル!?

全力でウチヒサルへ行ったのに、フェスティバルが全然大したことなかったので、ギョレメへ戻り夕日の見える高台へ。



雲、分厚いな!

なんだかんだ上手くいかない1日でした。

まぁでも、トレッキングは楽しかったから良しとしましょう!

住所不定無職26歳男女4人旅はまだまだ続きます。


『世界いっしゅうごんざれす』の記事はこちら → カッパドキアでゴーゴーバーを想ふ。



Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿