2016年7月21日木曜日

プラハ城と聖ヴィート大聖堂へ!てかプラハ城ってどれ?

day.167 2016.7/2 Czech/Praha

今日は昼過ぎまで爆睡、朝昼兼用の飯はカフェでケーキとカフェラテ。


なんて不健康な生活をしているのだろう…


カフェで昼飯?を食べ終えた後は"カレル橋"を通り、川の反対側にあるプラハ城へと向かいます。



カレル橋もプラハで人気の観光スポットで、左右には合計30体の見事な彫刻が並んでいるのが特徴的な橋。





せっかくなので全部写真に収めようと思ったけど、そこまで彫刻に興味ないから10体くらいで飽きた。




橋ではたくさんの露店が立ち並び、特に多いのが絵描きの人たち。

僕は彫刻とかの写真を撮るよりも、その国の人々の自然な風景を撮る方が好きです。


触ると幸運が訪れると言われている彫刻。

多くの人に触られてる部分は塗装が取れてテカテカに輝いている。



橋を渡った先にあるのがフラッチャニ地区。

パステルカラーの可愛い建物が立ち並んでいる。

チェコの家は色合いが本当に綺麗。


チェコはマリオネットが有名で多くのお土産屋に並んでいます。


プラハ城へ向かう途中の広場からはプラハ旧市街が一望できます。


広場の兵隊。

周りで騒いでいたり、写真を撮ったりしていてもピクリとも動かないのは流石です。


ステンドグラスが有名な"聖ヴィート大聖堂"

正式名称は、"聖ヴィート・聖ヴァーツラフ・聖ヴォイチェフ大聖堂"って名前らしいけど、長くて誰も覚えられなくない?

巨大すぎてカメラのアングルになかなか収められない。


装飾も個性的。

なぜかほとんどの彫刻が舌を出しているのが気になったけど。

大聖堂内部。

教会に飽きてきた僕ですが、この教会はすごい装飾とステンドグラスが圧倒的な存在感で楽しめました。


奥まで行くにはチケットが必要だけど、手前までなら無料で入れるみたいです。

無料のエリアから十分見れたので、僕たちは奥まで行きませんでした。


聖堂正面のステンドグラス。

左右にも様々な絵のステンドグラス。





これが有名なアルフォンス・ミュシャが手がけたステンドグラスらしい。

まぁ僕はミュシャって言われても、聞いたことある名前だなぁくらいにしかわからないけど…


ステンドグラスはどれも美しい色合いで、光が入るととても綺麗。

普段さらっとしか教会内は見学しないけど、時間をかけてゆっくり眺めて入られました。


イルミナティの紋章のようなステンドグラスもありました。知らんけど…

最近読んだ本『天使と悪魔』でイルミナティの紋章を見てから、三角に目が書かれていると全てイルミナティだと認識してしまう…


大聖堂の裏側。

教会を見学し終えたことだし、

妻『次はプラハ城に行こう!』

僕『てか?プラハ城ってどこいったんだ?』

妻『さっき橋のところから見えた建物じゃない?』

僕『橋のところから見えた建物ってこの教会じゃない?』

妻『ん?じゃぁプラハ城ってどれだ?』

スマホのGPSで地図を見たら、どうやら今いる場所一体がすでにプラハ城みたい。

いつの間にプラハ城に入ってたんだ?

全然イメージしていた城と違かったからわからなかった…

結局最後まで、どこからどこまでが城だったのかよくわかりませんでした(笑)




チェコの街はその辺にあるような看板ですらおしゃれ。

本当に街が綺麗で物語の世界の中にいるようです。

今のところ女子受けしそうな街No.1かな。

妻はチェコに来てからすごく楽しそう。

新婚旅行とかにおすすめの街です。

夜はローカルのレストランに行ってみました。



住宅街にありローカルのお客さんしか来ないような店だから、メニューもチェコ語のみ。

読めない…


読めないけど、とりあえずビールは頼める♪



このサイズで100円くらい。

しかもすごく旨い!コスパ最高!

妻とメニューを見ていても一向に解読できないので、周りのお客さんが食べている料理と同じものを頼む。

出てきたのは肉料理オンリー、しかもでかい!



どうやらここの店は肉と酒しかないらしく、サラダを頼んだらないって言われた(笑)

今日の夕食は肉&ビールです。

昼はケーキとコーヒー、夜は肉とビール、健康を考えなければ最高の食生活!


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿