2016年7月9日土曜日

人生初!ハンガリーでフォアグラを食べてみた。

ハンガリーといえばフォアグラが有名らしい。

今まで僕はフォアグラというものを食べたことはなかった。

日本で買うとかなり高いらしいし、そこまでして食べたいとも思わなかった。

でもハンガリーでは、"新鮮なフォアグラが安く手に入る"という情報を妻が入手。

早速中央市場に向かいます。

中央市場ではいろいろな店にフォアグラが売られている。


缶詰に入ったフォアグラは少し高いが、生肉店では1Kg1400円前後で日本で高級品のフォアグラが買えるというのです。

てかそもそもフォアグラってなんなん?
"フォアグラとはガチョウや鴨などに必要以上にエサを与えることにより、脂肪肝を人工的に作り出したもの"らしい。
ようは無理やり太らせて脂をつけた鳥の肝臓ってことです。

で、これが市場で買った生のフォアグラ。


市場では"liber maj"と表記されています。400gで2000ft(約800円)で購入。

う〜ん…見た目はとても美味しそうだとは思えないが…

とりあえず、持っていた醤油と味覇を使いフライパンで炒めてみた。

ど〜ん!


とりあえず完成!

早速食べてみます。

初めてのフォアグラの味は…

う〜ん…

まずくはないけど…脂っぽすぎてとても一人200gも食べれない。

僕的にはあん肝ポン酢のほうが美味しいかな。

あっ!でも、日本から持ってきた味噌ニンニクと一緒に食べたらめっちゃ旨かった!


てか味噌ニンニクが美味しいだけだったかもしれないけど…

結論!

フォアグラは少しの量が丁度良い。

そして味噌ニンニクが旨すぎた!



あっ!そういえば、フォアグラと一緒に市場で買った潰れたような桃がめっちゃ旨かったです。


ハンガリーに来た際はフォアグラよりも、潰れた桃を是非!


Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿