2016年11月29日火曜日

メキシコシティでアメリカビザ(America visa)を取得する方法



大半の日本人旅行者には必要ないと思いますが、西回りで世界一周をしている旅人や特定の国を旅行してしまった人に問題となっているのが、"アメリカVISA"の問題。

日本はアメリカ入国の際ビザ免除プログラムの加盟国(VWP)です。

ビザを免除される代わりに(ESTA)と呼ばれるものをオンラインで申請し、14ドル支払いさえすれば簡単にアメリカに入国することができます。(3ヶ月以内の滞在に限る)

しかし最近、テロ防止法案により2011年3月以降に"イラン・シリア・イラク・スーダン"に渡航歴がある人はESTAでは入国できず、Non-immigrant Visas(B-2VISA)が必要となってしまった。


※2016年3月1日より"リビア・ソマリア・イエメン"も対象になったそうです。


これにより、2015年以降に西回りで旅をしている人で、アメリカに簡単に入国できなくなってしまった人が多いのではないだろうか?

僕たちも西回りで旅をスタートし、イランへ行ってしまった為、ESTAでの入国ができなくなってしまいました。

さらにこの問題の厄介なことは、アメリカ国内を旅行する気がない『トランジット』目的で空港に立ち寄るだけでも、アメリカの場合、一旦入国しなければならないのでVISAが必要となってしまうことです。

『トランジットだけならよくない?』って思い、とりあえず航空券を取ってしまったので行った人もいるみたいですが、別室に連れて行かれ何時間も尋問された後に、結局入国拒否を食らった人もいるみたいです。

僕はハワイに親戚が住んでいるので、アメリカに入国できないことは大問題!

今回の旅でも最後にハワイによって、旅の汚れを落としてから日本に帰国する予定だったので、どこかでアメリカビザを入手する必要がありました。

そして、イランへ行った後は『どこかでアメリカVISA取らないとな〜』と思っていたけど、結局後回しにしてたら、アメリカ大陸に入ってしまいました。

もうメキシコで申請しないと先がない

そんなこんなで、メキシコでアメリカVISAの申請することにしました。

これがまたクッソ大変でした。




★アメリカビザの申請方法(メキシコの場合)


※2016年11月時点

1 DS-160フォームを記入



最初にやることはDS-160の申請です。

DS-160はhttps://ceac.state.gov/ceac/のサイトから行えます。

旅行目的の場合、VISAの種類は"Non-immigrant Visas(B-2VISA)"

手順に沿って進めていき入力が終わると"写真をアップロードする"という画面が出ますが、メキシコの場合は写真撮影があるので必要ありません。

とりあえず全て英文なのと、時間が経つとすぐにアプリケーションが強制終了されてしまうのでこの作業がかなり面倒くさかったです。


2 VISA代金の支払い(オンラインまたは銀行振込)


VISA代金の支払いは国ごとにサイトが変わります。

メキシコの場合はhttps://ais.usvisa-info.com/es-mx/nivのサイトから代金の支払いから面接まで手続きを進めていきます。

ビザ代金は"160USドル"です。高い…(泣)

ちなみにこの代金はVISAの申請を拒否されてもお金は返金されません。

ここで代金を支払ってしまったら最後、後戻りはできないので要注意!

支払いは銀行振込とクレジットカード払い。

クレジットカード決算が簡単です。


3 大使館・領事館での面接日を予約


代金の支払いが終わると、面接日を予約できるようになります。

面接が受けられる都市はいくつかあります。

場所によって最短で面接を受けられる日にちが違うので、旅行計画に合わせて決めましょう。

僕たちは直近で空きがあったメキシコシティ(Mexico City)を選択しました。

予約の空いている面接日と面接時間を選択します。

最短でも代金を支払ってから15日以降だったんですが…

時間がない人は早めに支払いまで進めとくことをお勧めします。


4 顔写真と指紋採集の日を予約(面接日より前)


面接日が決まったら次は顔写真と指紋採集の日程を決めます。

これは予約可能な日が面接日より前となるので、だいたい日程は決まってしまいます。

たまに撮影日が選択できないことがありますが、その時は面接日を変えて試してみてください。



5 顔写真と指紋採集日


メキシコシティの場合、面接場所と写真撮影の場所が違います。

写真撮影と指紋採集は ASC(アメリカ大使館関連施設)で行われます。

最寄りの駅はInsurgentes

位置情報:19.424457 -99.168784



施設入館前に荷物チェックがありますが、携帯電話は電源を切って持ち込めるようでした。

カメラは持って行かない方が良いでしょう。

まぁパスポートとDS-160申請画面のConfirmation(確認ページ)を印刷したものだけ持っていくのが確実です。

ここでは写真撮影と指紋採集だけだったので、あと言う間に終わりました。

次が難関!いよいよ大使館での面接です。


6 アメリカ大使館での面接日


英語が中学生レベルの僕たちは、これが一番不安でした。

日本でなら日本語と英語で対応してもらえるらしいのですが、ここはメキシコ。

対応言語は英語とスペイン語のみ。

電子機器が持ち込めれば、Google翻訳などでなんとかなるかもしれなかったのですが、電子機器の持ち込みは一切禁止。

入り口で厳重なセキュリティーチェックがあるので、電子機器類は持って行かないのが無難です。

そんな訳で、英語が苦手な僕たちは予め聞かれるであろう内容を予測し、Q&Aを英語に翻訳し紙に印刷して持って行きました。←正解でした。

あとは残高証明として、銀行口座の残金を印刷したものと、旅行計画書(英語)を作成して持って行きました。←大正解でした。

面接場所はメキシコシティのアメリカ大使館です。

最寄りの駅はInsurgentes独立記念塔の近く。

位置情報:19.428664 -99.166317



アメリカの国旗が目印です。当たり前かっ!

面接予約時間の30分前には到着し、列に並んでいました。

列はアメリカVISAを取るメキシコ人で溢れかえっています。

メキシコ人は渡航履歴とか関係なく、アメリカに行くにはVISAが必要みたいです。

だけどアメリカ人がメキシコに行くのにはVISAは不要みたいです。メキシコ人は納得いかないよね…

ちなみに中国人も並んでいました。

僕たちも列に並ぶこと1時間…

あれ?もう面接予定時間過ぎてるんですが…

てか前の人とか僕たちより面接時間後になってますけど…

不安になって職員に聞いたら大丈夫だって、じゃぁあの面接予約の意味はなんだったん…

なんだかんだで1時間半くらい並び、久しぶりに緊張しながら面接窓口へ。

面接開始早々。

職員『君たち日本人だろ?なんでここにいるの?エスタは?』

僕たち『イランへ行ったんです…』

職員『あ〜、なるほどね』

それぐらい知ってますとも!じゃなきゃわざわざ来ないでしょっ!

以下面接で聞かれた内容と回答です。

Q.なぜイランへ行ったの?
A.イランのモスクの建築やタイル装飾のデザインに興味があったからです。

Q.何日間滞在した?
A.2週間滞在しました。

Q.どのくらい旅行してるの?いつ日本へ帰る?
A.現在で1年間です。残りは半年を予定してます。

Q.旅の資金はどうしてるんだい?
A.4年間日本で働いて貯金したお金で旅をしています。

まぁ予想通りの内容を聞かれました。

意外な質問だったのが、

Q.キューバも行ったんだ!何しに行ったの?

です。

そっかアメリカ人は最近やっとキューバに行けるようななったから、行ったことない人がほとんどのようで好奇心で聞かれました。

面接時の注意点としては、

・イスラム教自体に興味があること。

・アメリカに永く滞在する予定はないこと。

・アメリカに住みたいようなこと。

などを言ってしまうと、VISAが却下される可能性が高まるそうです。

現在アメリカでは不法滞在者が多いらしく、日本人の不法滞在も増えているみたいです。

なので『アメリカには旅行で行くだけだよ〜全然が日本が好きだし、日本に帰るわ〜』的な感じの方が良いみたいです。

あと、預金は一人当たり100万以上ある方が良いみたいです。

預金が少ないと、不法労働を恐れてVISAが拒否されやすいそうです。


無事面接が終わり、

『問題なければVISAは来週くらいに配送します。』

と言われ面接終了。

あぁぁ燃え尽きた…


久しぶりの緊張でヘトヘトでした。



翌日、VISAの配送が完了しましたと、すっごい軽い感じでメールが届きました。

Hello ! ryosuke.

Your Visa application documents are ready for pickup at the courier.

The tracking number for the package is ~ .


Hello!って…(笑)

7 VISAの受取


最後はVISAの受け取りです。

受け取り場所もまた違います。

VISAの受け取り先はメキシコの大手運送会社の『DHL』

DHLの支店も指定されています。

最寄りの駅は『Metro Polanco』

位置情報:19.432013 -99.191162


ここでまた注意!

VISAを受け取りに行ったら、"顔写真のある身分証明書"を見せなければパスポートは渡せないって言われました。

イヤイヤ!今一番の身分証明書であるパスポートを君たちが持っているんですが…

結局その日は、パスポートをくれませんでした。(泣)

幸い僕たちは国際運転免許証を持っていたので、次の日無事受け取りましたが、何も持ってなかったらどうなってたんだろう…

旅行者のほとんどが、パスポート以外に"顔写真のある身分証明書"なんて持っていないと思うんですが…

そんなこんなでやっとの思いでゲットしたアメリカVISA。

VISAの有効期間は10年。

このVISAがあればESTAを申請する必要はなけど、僕のパスポートの有効期限があと7年。
ESTAだと56USドルで済んだのにね…

104USドルのマイナスです。

まぁでもせっかく苦労して取ったんで、アメリカも思う存分旅行して帰りたいと思っています。

僕がアメリカ行ってやりたいのが、カリブ海クルーズ、ラスベガスでカジノ、キャンピングカーで横断です。

誰かキャンピングカーでアメリカ横断する仲間いないかなぁ。



Blogランキングに参加しています。
応援していただける方は『SABOTEN721』を
1日1回クリックお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿