タージマハルを見に行きました。起こっです…

タージマハルを見に行きました。起こっです…

私たちは現在私たちの旅行の55日目と56日目です、そして今回はインドが2日間の私たちの家です。国で最も有名な観光地であるアグラは、私たちの最初の目的地です。アグラジャイプールからバスで6時間です。二人用の席を予約しましたが、席はインディアンで占められていて、指定されたバスに乗れませんでした。でもどういうわけか、次のバスが一人用の場所に積み込まれていたので、到着する頃には体が硬直していました。

妻と一緒に移動できずに狭い空間を移動することは、記憶に残る瞬間ではありませんでした。この治療法は何ですか!通常のチケットの2倍の値段を払っても、バスの乗車は同じように見えます。北インドは本当に何かです。 

それでも、3人が同じスペースを共有しているのを見たとき、満員のバスに座っているのは彼らにとって何の役にも立たないことに気づきました。まあ、私たちは本物のインドの経験を探していたので、それはその一部だったと思います。

私たちはタージマハルを見るためにアグラに行く途中でしたが、私たちがここに向かう前に私の友人がタージマハルが修理されていると私たちに話しました!柱は木製の台に囲まれ、緑のシートがいたるところに掛けられていました。まあ、仕方がない。でも、それほど悪くないかもしれないので、スタルに入ることに

しました。停車後、屋上からタージ・マハルが見える旅館にチェックインしました。私たちはすぐに荷物を降ろして、魅惑的な建築物を見てみました。

しかし、タージマハルの入場料はインドで最も高いです。インド人は20ルピー、35円、外国人は750ルピー、1400円!驚いた。 1人の外国人は37人のインド人を収容できます。なぜ値段が高いのか理解できます。おそらく国は、人々が彼らを親切に扱うことができるように、外国人からできるだけ多くを搾り取ろうとしているのでしょう。

旅館で別の日本人に会いました!彼の名前は東京大学の大学院生である小野です。後ろからタージマハルが見える公園に行きました。その後、今日はミニタージとも呼ばれるイティマードウッダウラの墓に行きました。イスラム建築は本当に素晴らしいです!タージマハルほど有名ではないので、観光客はあまりいませんでしたが、建物は本当に素晴らしかったです。

タイルの繊細な装飾は芸術作品です!入場料はわずか100ルピーだったので、タージマハルに比べて安いオプションですが、インドで最も人気のある観光地がどれほど素晴らしいかにはほど遠いでしょう。ちなみに、ミニタージもタージマハルのようなお墓です。共有するだけ!

ポーランドの発見:を訪れるのに最適な自然の場所次の目的地

ポーランドの発見:を訪れるのに最適な自然の場所次の目的地

312,696の面積を持つポーランドは、その見事な自然の美しさと多様な自然で、たくさんの楽しみと純粋な驚異をもたらします。そのとおり!このページの次の目的地は、荘厳で威厳のある城と貴族の歴史で知られるポーランドです。だから、パスポートを用意してください。 リョウとカオリのワールドトリップ は、あなたが訪れるべき国の自然の驚異の素晴らしいリストを提供します。

なぜポーランドを訪れるのですか?

私たちの息を呑むようなリストの前に、あなたがこの国について知っておくべき最初のいくつかの事柄と、なぜそれが探検の目的地の優れた選択であるかをここに示します。

  1. 豊かな文化と歴史

前にも言いましたが、また言います。まあ、私たちはそれを助けることはできません。それはこの国がどれほど壮大で印象的であるかです。文化と歴史が豊富なため、15のユネスコ世界遺産に登録されています。以下のリストにすでに名前の1つが含まれているので、心配しないでください。

  1. 多様な性質

比較的小さな面積にもかかわらず、その性質は非常に多様で広大です。この事実だけでも、屋外ファンがポーランドを試してみる説得力のある理由になっています。バルト海の広大なビーチから2,500メートルの高さの山々まで伸びており、すべての美しい自然の光景があります。

  1. おいしい料理

あなたの旅行に同行する最良の方法は何ですか?間違いなく美味しいです!ポーランドは食通の楽園なので、運が良かったです。結局のところ、それはピエロギとビゴスの国です。これらの古典的で常にお気に入りの肉料理とは別に、その料理は地域ごとに異なるため、選択肢がたくさんあります。

訪れるのに最適な自然の場所

ポーランドの魅力的な歴史と特徴は、その自然の美しさが特徴です。ここに彼らの場所があります:

  1. ビャウォヴィエジャの森

ポーランドのユネスコ世界遺産の15のうち14のは文化的です。これらのほとんどは、城、巡礼公園、旧市街などです。唯一の自然の場所はビャウォヴィエジャの森です。ポーランドとベラルーシの国境に位置し、処女の要素で有名です。これは、人間が利用したことのないヨーロッパで最後で最大の森林の1つです。

  1. モルスキオコ湖

5つ星ホテルのプールはモルスキオコ湖に匹敵しません。 「の」とれている海目訳さ この湖は、タトラ山脈で最大かつ4番目に深い湖です。後者はスロバキアとポーランドを分ける自然の国境です。

  1. Beskid Wyspowy

初心者のハイカーにとって、このわずかに過小評価されている山脈は必見です!モルスキオコ湖と並んで、ポーランド南部の誇りの1つです。その頂上と景観はタトラ山脈ほど高く壮大ではありませんが、印象的な天然資源、民俗文化、中世の歴史を提供しています。 

ラトビア、リガのラトビアのリガに

ラトビア、リガのラトビアのリガに

ラトビア、リガのラトビアのリガに

見どころとアクティビティヨーロッパで素晴らしいエスケープを探しているなら、ラトビアのリガは国内で最もリラックスした場所の1つなので、訪れる必要があります。そして、ここ涼と香織のワールドツアーでは、以前この場所を訪れました。 

だからこそ、この素晴らしい街を訪れている間にできることのいくつかをリストアップするつもりです。

聖ペテロ教会からの眺めを賞賛する

リガの街には、精神的な旅のためにいつでも訪れることができる多くの教会や大聖堂があることは誰もが知っています。しかし、聖ペテロ教会からの眺めは、私たちが見た中で最も息をのむようなものの1つであることを認めます。街を隔てるダウガヴァ川が見えるので、教会の頂上でがっかりすることはありません。 

ラトビアの20世紀の歴史について学ぶ

リガはソビエトロシアとナチスドイツに占領されて以来、豊かな歴史を持っています。そのため、ホロコーストと抑圧の犠牲者に捧げられた多くの記念碑や博物館を見ることができます。この国の自由のために苦しんだ人々に敬意を表することができます。  

アールヌーボー地区を散策アールヌーボー地区

するアート愛好家の方は、を訪れて、その場所の建築を楽しむことをお勧めします。これは、さまざまな古典的な影響を受けたさまざまなデザインの19世紀の建物でいっぱいです。すべての建物は歩く価値があるので、そこに行ったことを後悔することはありません。 

リガブラックバルサムを飲むリガブラックバルサム

は最高のアルコールの1つであり、店で購入したものはオリジナルほど良くないため、多くの観光客が本物の飲み物を味わうために国を訪れます。リガの多くのバーやレストランがこの種の飲み物を提供しています。 

しかし、飲み物のアルコール含有量が高すぎるため、多くの観光客はこれを飲むときに注意を払っています。それは多くの酒飲みが数杯のグラスの後に気絶する原因になります。 

一新美術館、一新美術館

を訪ねるエキセントリックな場所を探しているならを訪れることができます。一新美術館では、さまざまな文化や国が太陽をどのように見ているかを示しています。楽しい記念品がたくさん集まっているので、この魅力的な場所は注目を集めています。美術館内で写真を撮っても大丈夫かどうか、アテンダントに聞いてください。敷地内への飲食は禁止されている場合がありますので、まずはお問い合わせください。

セントラルマーケットで買い物に行く

旅行にぴったりのお土産をお探しですか?次に、中央市場に行くことはあなたにとって正しい場所です。お土産からシャツまで、さまざまな種類のアイテムが見つかります。ここでは、人々が通常の家庭用品を購入することさえあります。ラトビアで有名なお土産に注目してください。 

この記事を読んでいただきありがとうございます。私たちがリストしたことから多くを学ぶことを願っています。あなたの旅行を楽しんでください!ご質問、コメント、提案、訂正がある場合は、すぐに対応できるようにメールをお送りください。 

スリランカ、コロンボでやるべきこと

スリランカ、コロンボでやるべきこと

スリランカ、コロンボでやるべきことあなたはスリランカ

の美しい国を訪問することを計画していますか?この場所は訪れるのに最適な場所ややることでいっぱいなので、あなたは正しい選択をしました。 

あなたはコロンボである国の首都に着陸します。この場所は誰にとっても混沌としているように見えることもありますが、この美しい場所は観光客が楽しむ豊かな歴史と文化に満ちています。さまざまな文化に触発されたさまざまな建物でいっぱいです。 

ここ リョウとカオリのワールドトリップでは、私たちがここにいるときに訪れた素晴らしい場所についてお話します。これは、旅行の計画を立て、訪れる価値のある場所を見つけるのに役立ちます。 

街を散歩する簡単な散歩街 

これはの信憑性を楽しむための最良の方法の1つです。これまでで最もリラックスした散歩の1つを体験できます。マルワッタロードを散歩すると、たくさんの屋台がたくさんの商品を売っているので、元気が出ます。 

あなたが素晴らしい建築デザインを楽しむことができる場所を探しているなら、あなたはコロンボフォートエリアを訪れることができます。これは、ここで賞賛できる最高の植民地時代のデザインのいくつかを見ることができるからです。 

自分でウォーキングツアーをするか、グループでツアーに行くかを選択できます。これはあなたが参加するツアーに応じて約50ドルかかるかもしれませんが、それは間違いなくそれだけの価値があります。 

ガンガラーマ寺院でリラックスした訪問をしてください。

これは現在、コロンボに立っている最も古い寺院の1つです。この美しい寺院は、、重要な寺院の1つでもあり 多くの僧侶が住んでいるためます。市内で最も有名なアトラクションの1つです。 

敷地内には、遺物の膨大なコレクションがある博物館もあります チェックアウトできる。寺院の中には大きな仏像もあります。彼らはまた、世界で最も小さな仏像を持っています。 

赤いモスクを

賞賛するこのモスクは、ジャミウルアルファルモスクとしても知られています。コロンボで最も古いモスクの1つです。ペターマーケットの近くにあるこの場所は、国内で最も美しいモスクの1つです。

ゴージャスな赤と白のパターンでいっぱいで、歩いているときに間違いなく注目を集めます。しかし、オンラインのイスラム教徒は中に入ることができるので、あなたはこの寺院の中に入ることができません。旅行者は遠くからそれを賞賛する必要があります。 

屋上バーでカクテルを楽しみながら楽しい時間をお過ごしください。

素晴らしい時間や蒸気を吹き飛ばす方法をお探しですか?コロンボのホテルの屋上でカクテルを楽しみながらそれをするのが良いです。素晴らしい景色と素晴らしい飲み物のために多くの人々がこれを楽しんでいます。 

街の景色を楽しみながら、地元のアチャルカクテルとスリランカ風の特製カクテルを試すことができます。これは、ここでできる最高のエキサイティングなことの1つです。 

コロンボで試すことができるその他の素晴らしい屋上バーは次のです

  • とおり。CÈLAVIWard7Vu 
  • 買う
  • Resto-Bar

コロンボペターマーケットで  

買い物をするお土産をことは、旅行で行う必要がある最も重要なことの1つです。そのため、この場所を訪れることが重要です。これは、ここコロンボで最も本格的な体験のいくつかを見ることができるためです。 

この市場はペター地区の中心にあり、地元の商品や商品がたくさんあります。あなたが生鮮食品を探すのに最適な場所を探しているなら、あなたはこの場所を訪れることを検討するかもしれません。新鮮な農産物や商品に加えて、この市場は間違いなく訪れる価値があります。 それはまたあなたが感じることができる素晴らしい雰囲気とエネルギーで満たされています。  

また、メインマーケットから徒歩圏内にあるペター水上マーケットを訪れることもできます。通りに屋台がいくつかあるので、あなたが見ることができる一般的な水上マーケットとは異なります。 

マウントラビニアビーチでリラックスしてみてください

コロンボの街を歩くのにうんざりしていて、ひと泳ぎしたいだけなら、コロンボ近くのこの素晴らしいビーチを訪れるべきです。旅行の残り時間が少ししかない場合でも、それを行うことができます。 

マウントラビニアビーチはコロンボの少し外にあります。トゥクトゥクまたはタクシーでこの場所に行くことができます。さっとひと泳ぎして、ビーチの近くで獲れた新鮮なシーフードを食べるのに最適な場所です。マウントラビニアホテルでは、夕日を眺めながら素晴らしいカクテルを楽しむこともできます。 

アーユルヴェーダトリートメントを試し 

おください体の一部を癒したいですか?次に、アーユルヴェーダ治療を試してみてください。この3000年前の治療法は、身体が精神、精神、身体の適切なバランスを実現するためにインドで開発されました。 

このバランスを達成したい場合は、コロンボのアーユルヴェーダスパに行くことができます。この種のトリートメントを提供するスパはたくさんあります。あなたは間違いなくそれを楽しむでしょう、そしてそれはコロンボへのあなたの旅行のハイライトになるでしょう。 

また、治療を継続するために使用できるさまざまな種類のお土産を購入することもできます。あなたはあなたの体の痛みや他の病気のためにアーユルヴェーダの香油を探すべきです。あなたの友達は間違いなくそれを気に入るはずです。 

ゴールフェイスグリーンを散歩するゴールフェイスグリーン

は、海の美しい景色を見たい場合に最適な場所です。ここでロマンチックなデートをすることもできます。

この大きな都市公園には、水に沿って0.5kmの歩道があります。公園を歩きながらインド洋を眺めることができます。市内最大の広場とされており、多くの観光客や地元の人々がこの場所を見に並んでいます。 

屋台の食べ物を食べながら、夕日の周りを散歩することをお勧めします。ツアーを終了するのに最適な方法です。 

ヴィハラマハデビ公園

を散歩する街を散歩するのにうんざりしていて、人々が通り過ぎるのを見ながらただリラックスして座ってみたいですか?それなら、これはコロンボで最大かつ最古の公園であり、疲れた旅行者全員がリラックスするのに最適な場所であるため、あなたにとっての場所です。

この清潔で落ち着いた公園は、長い一日の後に休憩したい場合の途中降機になります。ブランコと子供が置けるミニ遊び場があります。公園内には黄金の仏像もあります。 

ビクトリアパークとしても知られていました。市庁舎と国立博物館の近くにあります。毎回人がいるので見逃せません。 

コロンボ動物園を訪ねる

デヒワラ動物園、または一般にコロンボ動物園として知られている場所は、コロンボにいる間に訪れるべき場所の1つです。たくさんの動物を見て、動物界の感覚をつかむことができるからです。家族みんなで楽しめる展示物がたくさんあるので、この場所も見逃せません。 

動物園には哺乳類から爬虫類まで訪れることができる動物がたくさんいて、この動物園にいる間は退屈することはありません。この場所は間違いなくあなたに決して忘れられない経験を与えるでしょう。 

動物の安全だけでなく、自分の安全についても心配する必要はありません。これは、動物園が良好な状態を保つために多くの改修が行われたためです。

訪れるときはを常に忘れないでください コロンボを、彼らの文化を尊重する必要があること。きちんと服を着て、規則を尊重し、あなたが行くようにきれいにしてください。これは、彼らが愛する環境と文化を保護するのに役立ちます。 

別の場所を訪れるときは、事前に調査も行う必要があります。これは、 問題が発生せ ず、旅行がスムーズに進むようにするためです。あなたは旅行に持っていく必要がある正しいアイテムを準備する必要があります。

コロンボを楽しんでください。この記事が、スリランカで訪問する場所のいくつかを決定するのに役立つことを願っています。我々は対処できるように、ご質問、提案、または訂正がある場合は私達に電子メールを送信します に  すぐ。

バンコクで見逃せないユニークなこと

バンコクで見逃せないユニークなこと

バンコクで見逃せないユニークなこと

計画がほとんどない新しい場所を歩き回るのは、特にバンコクにいる場合は難しいかもしれません。この場所は、タイで見つけることができるすべての文化のるつぼです。 

ここ  リョウとカオリのワールドトリップで、 はこの素晴らしい国を訪れている間、素晴らしいものを見逃してはいけません。だからこそ、バンコクにいる間に行くことができる最高の場所のいくつかをリストアップしました。 

ワットポーでリクライニング仏を訪ねてください

ワットポーは有名なリクライニング仏の本拠地です。金で覆われた高さ15メートルの銅像を見ると、安らぎを感じるでしょう。寺院の中には土産物屋があり、悟りを家に持ち帰ることができます。また、いくつかの屋台で素晴らしい伝統的なタイ式マッサージを楽しむことができます。 

王宮を訪ねる

この214,000平方メートルの複合施設は、バンコクで訪れることができる最も有名な場所の1つです。元国王の家に入る前に入場料を払うだけです。一部の政府関係者は、敷地内に事務所を置いています。 

スカイトレインに乗ることを忘れないでください

あなたがスタイリッシュで快適にバンコクを旅行したいなら、あなたはここで有名な交通手段の1つに飛び乗ってみるべきです。これにより、交通を避けながら街の素晴らしい景色を眺めることができるので、より多くの時間を楽しむことができます。 

チャトゥチャック市場を散歩します。

ショッピング中毒者は間違いなくこの場所に恋をするでしょう。この27エーカーのスペースには、お土産を買いに行くことができる8000の屋台がたくさんあります。世界最大の市場の1つとして世界中で知られています。 

旅行者はあなたの予算に合う食べ物からTシャツまですべてを見つけることができます。地図を使ってあなたの道をナビゲートすることによってこの市場の中で迷子になるのを避けてください。 

チャオプラヤー川沿いのクルーズ、チャオプラヤー川を

バンコクでロマンチックな休暇を探しているなら訪れてみてください。この場所には小さな運河があり、クルーズできるため、これは「東のヴェネツィア」として知られています。 

豪華な高層マンションを見ながら、フェリーでその場所を案内します。これは、あなたが毎日訪れることができる通常の観光名所とは明らかに異なります。 

サイアムパラゴンで買い物をし

ましょうモールでハイブランドのアイテムを楽しむなら、ここサイアムパラゴンで間違いなく気に入るはずです。ここの屋台はすべてハイエンドのデザイナーによるものなので、このマルチプレックスには本物のファッショニスタがすべて含まれています。 

また、東南アジアで最大の水族館があります。ここには、フェラーリやランボルギーニなどの高級車ブランドのショールームもあります。 

バンコク国立博物館で歴史を楽しむバンコク

の歴史に興味があれば、この場所はあなたが訪れるのに最適な場所です。ここには、タイで最大の本物の本物の遺物や芸術作品のコレクションがあります。それらについてもっと知りたい場合は、ツアーに参加することもできます。 

この場所はラーマ5世によって一般に公開されたので、彼は父親から受け取ったすべての遺物を披露することができます。中国の武器からコンマスクまで、あなたは間違いなくここでそれを見つけることができます。 

本格的で伝統的なタイ式マッサージをお楽しみくださいタイ式

マッサージは、あなたが楽しむことができる最もリラックスできるタイプのマッサージの1つです。これは世界中でもよく知られており、さまざまな場所でこれが提供されています。しかし、出身国で楽しむことは間違いなくあなたが持つことができる最高の経験の1つです。 

テクニックによって体のバランスが取れて元気になるので、快適でリラックスした気分になります。バンコク中のいくつかの場所でこの種のマッサージを提供しています。あなたのホテルはあなたのためにそれを持っているかもしれません。 

ナナプラザ(ソイ4)で夜の散歩

をする地元の人と交流したり、飲み物を飲みたい場合に訪れることができる最高の場所の1つです。ドリンクを楽しんだり、女の子と一緒に過ごしたりできるバーやレストランがたくさんあります。 

サトーンユニークタワーに登る

この49階建ての超高層ビルは、バンコクで訪れることができる最も興味深い場所の1つです。金融危機の前に建てられ、危機が国を襲った後、未完成のままでした。今では街の中心部にある廃墟となっています。  

あなたが十分に冒険的であるならば、あなたはこの場所に登ることを試みるべきです。この廃墟となった建物を登るのは難しいでしょう。この場所を登るときは注意が必要です。しかし、あなたがトップに到達した場合、ビューは間違いなくそれだけの価値があります。この場所に登るには、塔の底にいる警備員にお金を払うだけです。 

ルンピニー公園を散歩する広大

このな公園は、愛する人とリラックスして静かに散歩するのに最適です。ルンピニー公園は、ネパールで生まれ、今日では有名な人物の1人である仏陀にちなんで名付けられました。 

老若男女が公園をジョギングしたり、太極拳をしたりすることができます。週末には、誰もが一般に公開されているさまざまなアクティビティを楽しむことができます。 

チャイナタウンで外食タウン

今日、世界中にたくさんのチャイナがあり、バンコクも例外ではありません。伝統的な中華の門をくぐると、自分が正しい場所にいることがわかります 

。中華料理を食べられるレストランがたくさんあります。北京ダックから餃子まで、さまざまな料理を手頃な価格で楽しめます。 

さまざまなホテルやバーで街の頂上でドリンクを飲みに行く街

の美しい景色を楽しみながらドリンクを飲みたい場合は、この体験を提供する場所がたくさんあります。 Vertigo andMoonバーやBanyanTreeホテルの61階などのバーを訪れることができます。 

地元の屋台の食べ物を試してみてください

‘冒険好きな食通はバンコクの中心部でタイの屋台の食べ物を楽しむでしょう!おいしい食べ物をみんなに売ろうとすると、道路や通りが毎日忙しくなります。パッタイからソムタムまで、待つことなくすぐに食事を楽しむことができます。 

市内をバイクタクシー

で移動するバンコクの街は、世界で最も混雑している場所の1つとして知られています。この種の道路を旅するのは恐ろしい経験です。そのため、スカイトレインに乗る余裕のない人々のためにバイクタクシーが存在します。彼らは一般的にあなたが好きな場所にあなたを連れて行くことができるトゥクトゥクとして知られています。 

このバイクを使えば、交通を簡単に通り抜けることができます。これは危険に見えるかもしれませんが、これはバンコクで楽しむことができる最も本格的な体験の1つです。 

スリリングなキックボクシング(ムエタイ)の戦いを見るのを忘れないでください格闘技 

このタイのは、国際的にも地元でも最も​​人気のあるスポーツイベントの1つです。そのため、バンコクでは毎日戦いを主催する多くのスタジアムを見ることができます。これは、さまざまなメディア企業によって大きな支持と報道を受けている彼らの国技です。 

覇権争いのスリルを味わいたいなら時間過ごしてするべき 、スタジアムでを、この素晴らしいスポーツを観戦です。歩き回って賭けをしている人がいるので、お気に入りの戦闘機に賭けることもできます。

ドゥシット動物園で動物を訪ねる

あなたは動物が好きですか?次に、ドゥシット動物園に行く必要があります。これはタイで最も古い動物園であり、60年以上営業しています。動物園ではサルからカンガルーまで1600匹の動物を見ることができます。 

この場所には、動物園の住民のための動物病院もあります。また、訪問者が動物について学ぶための教育センターと博物館もあります。電車も見えるので自由に動き回れます。 

バンコクを訪れることは間違いなくあなたが旅行しているときにあなたがすることができる最高の冒険の1つです。あなたはその豊かな文化と訪問するのに素晴らしい場所を楽しんで、この旅行であなたのお金の価値を得るでしょう。しかし、この素晴らしい場所を訪れるときは、地元の規則を尊重することを忘れないでください。 

ご質問、訂正、提案がございましたら、メールでお問い合わせください。

メキシコシティでアメリカビザ(America visa)を取得する方法

大半の日本人旅行者には必要ないと思いますが、西回りで世界一周をしている旅人や特定の国を旅行してしまった人に問題となっているのが、“アメリカVISA”の問題。
日本はアメリカ入国の際ビザ免除プログラムの加盟国(VWP)です。
ビザを免除される代わりに(ESTA)と呼ばれるものをオンラインで申請し、14ドル支払いさえすれば簡単にアメリカに入国することができます。(3ヶ月以内の滞在に限る)
しかし最近、テロ防止法案により2011年3月以降に“イラン・シリア・イラク・スーダン”に渡航歴がある人はESTAでは入国できず、Non-immigrant Visas(B-2VISA)が必要となってしまった。

※2016年3月1日より”リビア・ソマリア・イエメン”も対象になったそうです。

これにより、2015年以降に西回りで旅をしている人で、アメリカに簡単に入国できなくなってしまった人が多いのではないだろうか?
僕たちも西回りで旅をスタートし、イランへ行ってしまった為、ESTAでの入国ができなくなってしまいました。
さらにこの問題の厄介なことは、アメリカ国内を旅行する気がない『トランジット』目的で空港に立ち寄るだけでも、アメリカの場合、一旦入国しなければならないのでVISAが必要となってしまうことです。
『トランジットだけならよくない?』って思い、とりあえず航空券を取ってしまったので行った人もいるみたいですが、別室に連れて行かれ何時間も尋問された後に、結局入国拒否を食らった人もいるみたいです。
僕はハワイに親戚が住んでいるので、アメリカに入国できないことは大問題!
今回の旅でも最後にハワイによって、旅の汚れを落としてから日本に帰国する予定だったので、どこかでアメリカビザを入手する必要がありました。
そして、イランへ行った後は『どこかでアメリカVISA取らないとな〜』と思っていたけど、結局後回しにしてたら、アメリカ大陸に入ってしまいました。
もうメキシコで申請しないと先がない
そんなこんなで、メキシコでアメリカVISAの申請することにしました。
これがまたクッソ大変でした。

心奪われる美しい街リガと心震える嬉しい出会い!

day.183~184  2016.7/18~19 Latvia/Riga
リトアニアを離れ、次に到着したのはラトビアの首都“リガ=Riga”
ラトビアはバルト三国の真ん中に位置する国で、『バルト海の真珠』と讃えられる美しい港町と呼ばれているそうです。
確かクロアチアのドブロブニクでも『アドリア海の真珠』って言われてたっけな…
欧米人は美しい表現をするときに、宝石とか真珠とかって付けたがる傾向にあるみたいです。
まぁ事前情報で期待しすぎても実際に行くとガッカリする場合もあるので、過度にハードルを上げていくのも禁物です。
では、そんな『バルト海の真珠』と呼ばれている街並みを写真でお楽しみください。

いきなり現れる大量の十字架!リトアニアにある十字架の丘へ

ブログ時間が空きすぎると書く意欲がなくなってきますね…
旅の最初はあれだけ毎日のように書いてたのが、今では信じられません。
旅が長くなると、多少の出来事では感動しなくなるし、見るものも刺激的じゃなくなってくるからなかなか新しい発見が少なくなってきてしまう。
長期の旅を経験して経験したことは、旅は3ヶ月くらいが丁度良いということですかね。
とりあえず、今書く意欲が少しばかり湧いてきてるのでかなり前の記憶を遡って書きたいと思います。
day.183~184  2016.7/17~18 Lithuania/Šiauliai

リトアニアの首都ビリュニスを出発し、バスで北へと北上していきます。

次の目的地はリトアニアの北部の町“シャウレイ=Šiauliai”
シャウレイを訪れる旅人のほとんどは、十字架を見に行くのが目的です。

もちろん僕たちがシャウレイに来た理由も十字架を見るため。
シャウレイの中心からさらに北へ12キロ、ローカルバスで30分ほど。
あたりは何もない農村風景が広がっていきます。

インド人観察日記!ここが変だよインド人

インド人観察日記!ここが変だよインド人

僕が今まで旅した国の中では飛び抜けて不思議で、日本の常識が一切通用しなかったインド。一ヶ月半もインドに滞在して、インド人を観察していたので僕が不思議に感じたインドをまとめてみました。

インド人にとって牛は神聖な生き物?

インドでは牛が神聖な生き物で、大切にされています。寺院にも牛が祀られているし、どの街にも野良牛がいて堂々とどこにでも現れ好き放題。道でも自分達が優先であることを自覚しているのか、『お牛様』の進行を妨げようものら角を振って威嚇してきます。

屋台の野菜売り場で野菜を盗み食べたり、駅のホームにまで現れます。至る所に糞を撒き散らし、我が物顔で僕には本当に憎たらしい存在。そんな牛に対してインド人はどのような対応をしているかと言うと、結構棒で叩いたり、道を塞いでいる牛に蹴りを入れたりしています。

最初にその光景を見たのは、露店の八百屋です。店主が店を離れた瞬間牛がやってきて、野菜を盗み食い。それを見た店主が戻ってきます。 
僕『牛は神聖な生き物だから、食べられてもしょうがないのかなぁ…』
って思い見ているとその店主、棍棒のようなもので牛をめった打ち!牛ボコボコに殴られ撤退。
(ー ー;)
あれ?良いのこれ?周りの人も別に止める様子もなく何事も無い様子。

もう一度聞くけど、神聖な動物なんですよね…
そんな都会の野良牛たちは何を食べて生きているかと言うと、ゴミ箱を漁って生ごみを食べています。
『お牛様』も自力で生きております。

インド人は全てを知りたがる。

大体どこに居てもインド人が誰かしら声を掛けてきます。

そして会ってすぐに聞く内容は全て同じ。
出身は?年齢は?名前は?仕事は?

結婚しているか?僕『妻を指差して結婚しているよ!』というと。

子供はいるのか?
僕『今はいない?』

何故いないのだ?まぁここまでは毎回です。

なかには、
両親の名前は?兄弟はいるのか?弟の名前はなんだ?妹は何してるんだ?
って聞いてくるインド人も…
イヤイヤ…その情報いりますか?笑
毎度毎度同じ内容を聞かれるので、そこだけはスラスラと英語が話せるようになりました。

外国人と一緒に写真を撮りたいインド人

インドにいるとどこへ行っても芸能人並に、写真を強請られます。
最初は写真を撮って貰いたいのかと思っていたら、一緒に撮ろうって意味でした。写真を撮り終えたあとで、どこから来たんだ?って聞いてきます。外人と写りたかっただけなの?
まぁたまになら良いですが、田舎の方へ行くとアイドル並の人気です。全員応じていると一向に先へ進めません。めんどくさい時は時計を見て、急いでるフリをしてかわします。
そんな写真大好きなインド人に、今一番人気な商品は自撮り棒。
町の至る所に売られてますし、物売りのおっさんたちも自撮り棒を売り歩くくらい人気です。

インド人は我先に!

電車に乗る時もバスに乗るときも、降りる時さえ我先にと降りたがる。だから路線バスなどは、降りる人と出る人がぶつかりながら出入りします。指定席の場合でも我先にと乗り込む。別に急がんで良くない?席あるんだし…僕には急ぐ理由がわかりません。

クラクションは鳴らすもの

インドで僕が一番嫌いでストレスが溜まるのが、クラクション音。昼夜問わず、毎日どこへ行っても鳴り止まぬクラクション。インド人にとってクラクションは、楽器のようなものなのかもしれません。
インドに滞在していた時の僕の願いは、インド人に売る車から全てクラクションを取ってほしいことでした。

インド人は電話の話し声が異常に大きい

インドにいてびっくりしたのが電話のしゃべり声の大きさ。
インド人って電話をなぜか大声で怒鳴るようにして話す。
対面して話す時よりも大きい声。
聞いてる方はうるさいのか、電話の受話器から耳を離しています。だから普通に話せば良いだろっ!
あのさぁ、き普通に話しても電話て聞こえるんですよね…

インド人はガン見が普通?

日本人の感覚では人の事をジロジロ見ることは、失礼にあたる事とされていますよね。だから他人のことを『ジ〜ッ』と見たりはしません。
インドは違います。インドでは道を歩いているだけで大量の視線を浴びます。
基本ガン見!
中にはわざわざ至近距離まで近寄ってきて、観察する奴もいます。僕達は展示品ですか?
こっちと目があったとしても逸らそうとはしません。
最初慣れないうちはそれだけでストレスだったのですが、今では逆にこちらもガン見で対抗してやります。目があったら睨めっこ状態となります。最近では睨めっこしてインド人の方から、視線をそらさせる事に成功しております。勝つと小さくガッツポーズ!そして、そっちがガン見で観察するなら、こちらも遠慮無く観察してやります。
でもインド人は自分がガン見で観察されるのは慣れていないらしく、見てると苦笑いを浮かべてくるので少し可愛い。そんなこんなで最近ではこちらも楽しませて貰ってました。

インド人の好奇心はストレート

目薬を差しているだけで、『何だそれは?』と人が集りだします。楽器を出して演奏しようものなら、一流の路上パフォーマー並みに人を集められます。
僕も最近はインド人の反応を見るのが楽しくて、あえてインド人が見てる前でいろいろな事を試しています。
因みにインド人に目薬を差してあげると反応が可愛いです。オススメはスーとするタイプの目薬。インド人のリアクションが最高!
ぜひお試しを!

インド人のモラル

インド人は自分たちで神聖場所として崇めているところでも平気でゴミを捨てます。外国人に写真禁止だ!土足厳禁だ!となんだかんだ言うくせに、自分たちは平気でゴミを捨てたりして神聖な場所汚す。
本当に神聖な場所にしたいの?そして落書き!価値のある宗教施設や遺跡に何故落書きをするのか?マジでインド人のモラルや宗教観が理解できない。神に祈る前にもっとやるべき事があるんじゃないかと思うんだが…
土足厳禁と写真禁止の他に、落書き禁止とポイ捨て禁止を追加しなさい!更に自分たちが外国人に写真禁止だと注意しといて、隣で普通にインド人が撮影してたりするのも意味不明。インド人は撮影OKで外国人は駄目なの?と…

なんだか理不尽な事が多いインドなのです。

そんなこんなで、ムカツクことやステレスも多いインドですが、全く価値観や常識が違うからこそインドは面白くもある。

そんなインドを僕たちは基本怒り、たまに笑いながら楽しんで旅ができたと思ってます。

当分インドには行きたくないけどね!

(注意)タージ・マハル修復中!インド一番の楽しみが消えたアグラー滞在記

day55~56. 2016/2/25~26 India/Agra

ジャイプルからバスで6時間インドで一番有名な観光地『Agra=アグラー』へ向かいます。

宿の上から見えるタージ・マハル

二人分の席を予約したのにインド人に席を占領されていて指定のバスには乗れず、次のバスではなぜか一人用の場所に二人積み込まれたので、ついた頃には体はガチガチ。

狭い空間に妻と身動きが取れない状態での移動。

なにこの仕打ち!

通常のチケットの二倍の値段払ってもこの有様…北インドは本当になんでもあり。

それでもこの狭い空間にインド人は3人くらい入っているのを見ると、まぁまだマシかなって自分たちを納得させます。

まぁインド人は1人席を3人で買ってシャアしているので当たり前なんだけど…

そしてインドで僕たちが一番楽しみにしていた、『Taj Mahal=タージ・マハル』のある『Agra=アグラー』に到着。

しかし、ここに向かう前に出会った日本人から『今、タージ・マハルは修復中だよ!柱が骨組みで囲われてさらにグリーンシートが掛けられている』と聞いていました。

まぁね…しょうがないね。でもまぁそんな悪くないかもしれないし、行ってみてから入るかどうか決めよう。

客引きに連れてこられて、タージ・マハルが屋上から良く見える宿にチェックイン。

早速荷物を降ろして屋上からタージ・マハルを眺めます。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
2021 saboten721.com All Rights Reserve