タージマハルを見に行きました。起こっです…

私たちは現在私たちの旅行の55日目と56日目です、そして今回はインドが2日間の私たちの家です。国で最も有名な観光地であるアグラは、私たちの最初の目的地です。アグラジャイプールからバスで6時間です。二人用の席を予約しましたが、席はインディアンで占められていて、指定されたバスに乗れませんでした。でもどういうわけか、次のバスが一人用の場所に積み込まれていたので、到着する頃には体が硬直していました。

妻と一緒に移動できずに狭い空間を移動することは、記憶に残る瞬間ではありませんでした。この治療法は何ですか!通常のチケットの2倍の値段を払っても、バスの乗車は同じように見えます。北インドは本当に何かです。 

それでも、3人が同じスペースを共有しているのを見たとき、満員のバスに座っているのは彼らにとって何の役にも立たないことに気づきました。まあ、私たちは本物のインドの経験を探していたので、それはその一部だったと思います。

私たちはタージマハルを見るためにアグラに行く途中でしたが、私たちがここに向かう前に私の友人がタージマハルが修理されていると私たちに話しました!柱は木製の台に囲まれ、緑のシートがいたるところに掛けられていました。まあ、仕方がない。でも、それほど悪くないかもしれないので、スタルに入ることに

しました。停車後、屋上からタージ・マハルが見える旅館にチェックインしました。私たちはすぐに荷物を降ろして、魅惑的な建築物を見てみました。

しかし、タージマハルの入場料はインドで最も高いです。インド人は20ルピー、35円、外国人は750ルピー、1400円!驚いた。 1人の外国人は37人のインド人を収容できます。なぜ値段が高いのか理解できます。おそらく国は、人々が彼らを親切に扱うことができるように、外国人からできるだけ多くを搾り取ろうとしているのでしょう。

旅館で別の日本人に会いました!彼の名前は東京大学の大学院生である小野です。後ろからタージマハルが見える公園に行きました。その後、今日はミニタージとも呼ばれるイティマードウッダウラの墓に行きました。イスラム建築は本当に素晴らしいです!タージマハルほど有名ではないので、観光客はあまりいませんでしたが、建物は本当に素晴らしかったです。

タイルの繊細な装飾は芸術作品です!入場料はわずか100ルピーだったので、タージマハルに比べて安いオプションですが、インドで最も人気のある観光地がどれほど素晴らしいかにはほど遠いでしょう。ちなみに、ミニタージもタージマハルのようなお墓です。共有するだけ!